米マイクロソフト、メガネ型端末を開発中 ―WSJ報道

米ウォール・ストリート・ジャーナルは22日(現地時間)、その筋に詳しい人々の話として、米マイクロソフトが「Googleグラス」に似た、メガネ型ウェアラブルデバイスを開発中であると伝えています。同端末開発の狙いは、他社に比べて遅れ気味のウェアラブルデバイスの開発を進めることで、「ハードウェア製品でのリードを確固たるものとしたい」ところにあるとしています。

情報によれば、同社はアジアの部品メーカーに、同端末用の部品の製造を要請しているとのこと。

microsoft-new-logo-title

以前スマートウォッチを開発しているとも伝えられたマイクロソフトですが(過去記事)、メガネ型端末も同時並行で開発を進めているようです。

Nokiaの買収や自社ブランドのタブレットPC「Surface」シリーズのリリースを通し、ハードウェア製品の強化に乗り出しているともみえるマイクロソフト。もともとマウスやキーボードなどの製品ではクオリティに定評のある同社ですが、「ハードウェア会社」としてのブランドをさらに向上される狙いがどうやらあるようです。

メガネ型端末も腕時計型端末も、まだ発展途上と言えるかわからないような初期の状態であり様々な問題を抱えていますが、果たして世の中への浸透はいつ頃になるのでしょうか。

[ウォール・ストリート・ジャーナル]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます