韓国サムスン、Googleグラスによく似た製品を開発中

ロシア在住でMobile-Review.comの編集長を務めるEldar Murtazin氏は自身のツイッターで、韓国サムスンが「Google Glass」に似たウェアラブルデバイスを開発中であると伝えています。4月から5月(おそらく来年)の間に「Gear Glass」のブランド名でお目にかかることができるだろうと同氏は発言しており、早ければ後半年でその姿を見ることができそうです。

サムスン製のウェアラブルデバイスと言えば、日本での発売も発表された腕時計型デバイス「Galaxy Gear」があります。今回話題の製品と共通して「Gear」の名を冠しており、同社のウェアラブルデバイスにはこの名が付くことになるのかもしれません。素直に考えれば「Galaxy Glass」という名前にもなりそうな気もするのですが、そこに何か意図はあるのでしょうか。

スマートフォンの次に隆盛するであろう市場を早くも見つめる各社ですが、先導するのは果たしてどの企業になるのでしょうか。少しずつ、注目度が高まっています。

[Eldar Murtazin(Twitter) via Redmond Pie]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます