ソニーは29日、ポータブルBD(ブルーレイディスク)/DVDプレイヤーの新型となる「BDP-Z1」を発表しました。BDP-Z1ではデザインを一新し、地上デジタルチューナーを新たに内蔵するなど機能面での大幅な進歩を見ることができます。発売日は12月21日、市場推定価格は5万円前後。

Sony_BDP_004

強化されたAV性能

BDP-Z1は、従来までのモデルと同様に本体に内蔵されたバッテリーと液晶パネルによって、ポータブル環境でのBDやDVDの再生を可能にしています。さらに液晶パネルについては、新たに10.1型ハイビジョン(1366×768ドット)のものを採用することで、より高精細かつダイナミックな映像体験に臨むことが出来ます。前モデルとなる「BDP-SX910」にて採用されていた9型WVGA(800×480ドット)という仕様と比較すると、性能の向上は明らかであり、高画質なBDコンテンツを楽しむためにも高品質なパネルの採用は喜ばしいことです。

また、映像だけなく音響についても再生環境において重要な要素ですが、これについては前モデルと同様、ソニー独自の高音質化技術である「S-Forceフロントサラウンド」を採用。ステレオスピーカーを搭載していながらも、映画館のような5.1chサラウンドを仮想的に再現してくれます。

Sony_BDP_007

※「S-Forceフロントサラウンド」のイメージ

さらに、バッテリー性能も向上し、国内におけるポータブルBDプレイヤーとしては最長となる5時間の連続視聴が可能です。

BD・DVDだけではなく、ポータブルTVとしても

さらに、BDP-Z1ではワンセグ・フルセグのチューナーを内蔵しているという点に注目です。BDP-Z1ではBDやDVDを楽しむだけでなく、本体のみでテレビ放送の視聴を行うことが可能になっています。

Sony_BDP_005

近年ではスマートフォンやタブレット端末などにもワンセグ・フルセグチューナーが内蔵されるようになりましたが、いずれの場合も電波の受信において問題があるケースが少なくありませんでした。しかしBDP-Z1では、本体上部には伸縮式のアンテナを内蔵するほか、付属のシートアンテナを本体に装着することで受信感度を上げることを可能にしています。また、電波の受信状態によって、ワンセグとフルセグを自動で切り替えてくれます。

タブレット風のデザインで新しい使用スタイルを実現

今までにソニーが販売してきたポータブルDVD・BDプレイヤーは、ノートPCのようなデザインの製品がほとんどでした。しかし、BDP-Z1ではタブレット型のデザインを採用し、本体と一体型になった「マルチスタイルカバー」によってユーザーのスタイルに合わせた使い方を提供させています。

Sony_BDP_002

厚さ約3.4cmのボディには、側面にボタン類やスロットを設けることで、コンテンツ視聴時に画面のみに集中できるようになりました。一般的なタブレット端末と同様に、前面に操作系のボタンを配置しないことで、スッキリとしたデザインになっています。

個人的には、あくまで ”ポータブル” ということに注目しながらも、プレイヤーとしての性能を向上させ、新しい可能性を詰め込んできた製品という印象です。BDP-Z1は、厚さ約3.4cm、重さ約1.6kgとタブレット端末として考えるのは難しいサイズスペックを持っている一方、新しいデザインの採用やワンセグへの対応といった点では、共通する部分も感じられます。BD・DVDプレイヤーとしての機能を充実させながらも、タブレット端末を意識させられるようなデザインを採用してきたBDP-Z1は、どのようにユーザーに受け止められるのでしょうか。

[ソニー]