NTTドコモ、ソニー製フラグシップ端末「Xperia Z1 SO-01F」を発表

NTTドコモは10日、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「Xperia Z1 SO-01F」を正式発表した。この端末はソニーの2013年下半期におけるフラグシップモデルに位置づけられるもので、グローバル版に加え、KDDIからも発売がアナウンスされている。発売予定時期は10月24日。

 xperia-z1

Xperia Z1 SO-01Fは、グローバル版のXperia Z1をベースにNTTドコモ向けにカスタマイズされたモデル。KDDIでは前面に「au」のロゴは存在しなかったが、NTTドコモ版では前面上部に「docomo Xi」のロゴが入っている。

ディスプレイには約5.0インチで1920×1080ドット表示に対応したトリルミナス液晶ディスプレイを搭載。2.2GHz駆動のクアッドコアSnapdragon 800を搭載しつつ、3000mAhの大容量バッテリーで駆動時間を伸ばしている。

カメラには約2070万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用。「Xperia史上最高画質」を謳い、ソニーのデジタル一眼レフカメラシリーズでお馴染みの高級レンズ「Gレンズ」のブランドを冠したF値2.2のレンズを搭載している。タイムシフト撮影やARカメラ、Info-eyeなどの撮影して楽しむ機能も搭載。

日本向けの機能としては赤外線通信やワンセグ受信、おサイフケータイ機能に対応しながらも、さらにフルセグ放送受信に対応する。ワンセグ放送をフルHD液晶端末で視聴すると低画質が目立っていたが、フルセグ放送を受信出来る場合は高画質なテレビ放送を楽しむことが出来る。

主なスペックは以下の通り。

搭載OS Android 4.2
ディスプレイ 約5.0インチ
解像度 1920×1080
CPU 2.2GHz駆動クアッドコア
Snapdragon 800 MSM8974
RAM 2GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC対応
背面カメラ 約2070万画素
Gレンズ
前面カメラ 約220万画素
対応ネットワーク LTE / 3G
Xi 150Mbps / 50Mbps
LTE : 800/1500/1700/2000MHz
Wi-Fi 802.11 a.b.g.n.ac
テザリング最大16台
Bluetooth Bluetooth 4.0
NFC 対応
おサイフケータイ 対応
ワンセグ 対応(録画対応)
フルセグ 対応
NOTTV
赤外線通信 対応
おくだけ充電 非対応
バッテリー容量 3000mAh
バッテリー取り外し可否 不可
防水・防塵 IPX5,8 / IP5X
サイズ 約144(H)×74(W)×8.5(T)mm
重さ 約171g
展開色 Black/White/Purple
このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます