iPad mini Retinaの色彩表現力は低い ―AnandTech、DisplayMate調査

AnandTechは16日(現地時間)、独自に行った調査から、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」の色域は狭いようだと伝えています。米アップルが同端末と同時に発表した「iPad Air」のほか、ライバル機である「Nexus 7」や「Kindle Fire HDX 8.9」よりも明らかに狭いとのこと。一方で、初代iPad miniに比べて劣化しているようなことはないとも伝えています。

DSC_3902sm 

左からiPad Air、iPad mini Retina。同サイトでは、左下の赤三角の色に注目してほしいとしている Credit:AnandTech

 また、DisplayMateも同様の調査結果を伝えており、iPad miniの色彩表現力が低いのは確からしいと言えます。同サイトが公開しているグラフによれば、Kindle Fire HDX 7の色域がsRGBとほぼ同じ、Nexus 7が少しはみ出し気味であるのに対し、iPad miniは狭く、特に青と赤において顕著にその特徴がみられます(DisplayMate)。

「iPad Air」と比べても、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」はスペック上全く遜色ありませんが、どうやら色の表現力という意味では少々劣っているようです。色を重視する使い方をしている方は、同端末以外のタブレットを使用した方が良いかもしれません。

なお、前述の通り、複数のサイトが今回の事実を伝えているため信頼性は高いデータではありますが、ディスプレイは特に個体差のでやすいパーツでもあるため、一概にこの通りであるとは限らない点に注意が必要です。

[AnandTech via Redmond Pie] [Display Mate via 気になる、記になる…]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます