速報:米アップル、新型iPad miniを発売開始 4万1900円から

速報 ― 米アップルは12日(日本時間)、日本のApple Online Storeにおいて「iPad mini Retinaディスプレイモデル」の販売を開始した。「11月に発売」とアナウンスされており、今月22日発売との情報も一時流れたが突然の発売となる。

ipad-mini

既にオンライン上ではWi-Fiモデルの販売が開始されており、16GBモデルが4万1900円、32GBモデルが5万1800円、64GBモデルが6万1800円、128GBモデルが7万1800円となる。カラーは「スペースグレイ」と「シルバー」の二色展開。

新型iPad miniは、高精細Retinaディスプレイを搭載していることでも注目を集めている製品。7インチの液晶画面は2048×1536ドット表示に対応。本来の解像度を表すピクセル密度は326ppi。重さはWi-Fiモデルでわずか331gを実現。最新のA7プロセッサを搭載することで、前モデルと比較して処理速度も大幅に向上している。

なお、LTE通信に対応した「セルラーモデル」については13日からの発売となる見込み。

[Apple Online Store]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます