SIMフリーiPhone 5s/5cがついに日本上陸、SIMフリー業界に激震走る

米アップルは22日(現地時間)、Apple Online Store上で同社の新型スマートフォン「iPhone 5s」「iPhone 5c」のSIMフリー版を販売開始した。

iphone5s-selection-hero-2013_GEO_JP iphone5c-selection-hero-2013_GEO_JP

これまでオンラインストア上ではキャリアモデルの販売のみを行っていたが、今回は「SIMフリー」という形での販売になる。

SIMフリー端末の利点として、キャリア向けモデルに存在する「SIMロック」が存在しないため、日本で使われている3キャリアのSIMカードをどれでも入れ替えて使えるほか、仮想移動体通信業者(MVNO)の格安SIMサービスが利用可能となる。

先行投入された米グーグルの主力スマートフォン「Nexus 5」もSIMフリーでの購入が可能であり、同スタイルでの販売が確実に日本でも浸透しつつある。その中でも、日本において比較的知名度が高いiPhoneがSIMフリー販売されることで、現在の「キャリアが端末を販売する」というスタイルが一変する可能性もある。これまでキャリアが販売するモデルには「日本独自機能(ワンセグ、赤外線、Felica)」や「キャリアロゴ」を入れ、キャリアのショップで購入するのが通例とされてきた。SIMフリー販売が浸透すれば、携帯購入の常識が覆るかもしれない。

iPhone 5sは16GBが7万1800円から、iPhone 5cは16GBが6万800円からで、いずれもすでに購入可能となっている。

[アップルオンラインストア 5s,5c]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます