KDDI、Galaxy S3 Progre SCL21にAndroid4.1アップデート実施

KDDIは12日、同社が販売するサムスン製スマートフォン「GALAXY SIII Progre SCL21」にAndroid 4.1のOSアップデートを実施すると発表しました。開始日は本日12日から。

今回のアップデートでは、Android 4.1のOSバージョンアップによる各種機能向上に加え、カメラの機能向上、マルチウィンドウ対応などの新機能が加わっています。やや昔のOSなのでおさらいをすると、Android 4.1では「Project Butter」という動作を軽快にするための施策が導入されたバージョンです。

popup

Credit : KDDI

OSアップデートに伴い、サムスン独自の新機能も追加。「スマートローテーション」では顔と端末の向きにあわせて寝転んだ状態でも横回転しないようになるといった機能や、動画を小さなウィンドウで再生できる「ポップアッププレイ」機能の追加。画面を2つに分割して別々のアプリを起動できる「マルチウィンドウ」などの機能も新たに加わっています。

Wi-Fi・LTE利用時の更新時間は約35分。ファイルサイズは約410MBと巨大なため、Wi-Fiなどのインターネット環境利用を推奨します。なお更新中は緊急通報を含む発着信も出来なくなるため注意が必要です。

[KDDI公式サイト]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます