MS次期CEO候補、Xbox事業の売却とBing事業の閉鎖を検討か ―情報筋

ブルームバーグは8日(米国時間)、ノキアの携帯電話事業買収と共にマイクロソフト入りしたスティーブン・エロップ氏が、Xbox事業の売却とBing検索の終了を検討するであろうとの見方を、情報筋の話として報じています。ただし現時点では、あくまでも外野による「見方」に過ぎないという点に注意が必要で、さらには、同氏はマイクロソフトの次期CEO候補の1人にすぎません(最新の報道によると候補は5人)。

今回の情報源は3人おり、いずれもエロップ氏の考えを良く知る人物(精通した人物)。その情報によると、エロップ氏はマイクロソフトの「Office」を戦略の重要な柱として据えることで、古い伝統を打ち破るのではないかとしています。

xbox-one4-600x450

現在、マイクロソフトは「Windows」というOSを基軸とした戦略を採っていますが、デバイスの多様性が広がる中、iOSやAndroidといったタブレットでも利用できるOSが家庭用デバイスの中心的存在になることは不可避な状況です。そこで、PC向けOSに傾倒しすぎている同社の体質を改革。Office製品をAndroidやiOSをはじめとした製品に積極投入することで、Office自体のシェア拡大を狙うものとみられます。

さらに、拡大しすぎているマイクロソフトの事業領域を整理。Googleに圧倒的シェアを取られているBing検索の閉鎖や、Xbox事業が同社の戦略において重要でないと判断された場合は売却も検討するであろうとしています。

仮に上記の措置が行われた場合はかなり大胆な措置とも思えるものですが、マイクロソフトの次期CEO決定も含めて非常に注視すべき事態に発展しています。

[ブルームバーグ]

この記事は匿名様よりネタ投稿を頂きました!ありがとうございます。

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます