PlayStation 4もBlu-ray 3D再生できず ―後日対応?

3Dは常に黒歴史なのでしょうか。いよいよ米国時間15日に発売されるソニーの次世代ゲーム機「PlayStation 4」ですが、直前に公開されたオンラインマニュアルからの情報によると「Blu-ray 3Dの再生」が未サポートであることが判明しました。先日、Xbox Oneも同様に再生できないとお伝えしたばかりですが、結果的にはPlayStation 4も同じ状況です。

ps4

そもそもPlayStation 4の場合は、購入後にインターネット等を経由してVer 1.50のシステムアップデートを行わないとBlu-ray再生自体が行うことが出来ない状況ですが、そのアップデートを適用してもBlu-ray 3Dは未サポートであるようです。もちろん現時点におけるサポート状況ですので、年末~年始にかけて対応する「DLNA」機能と同時にサポートされる可能性があります。

なお、現時点でサポートされているディスクフォーマットは以下の通り。

  • Blu-ray Disc
    • BD-ROM(BDハイブリッド対応)
    • BD-R/RE(BDAV、BDMV)
  • DVD
    • DVD-ROM
    • DVD-R/RW(AVCHDサポート、ビデオモード、VRモード・CPRM対応)
    • DVD+R / RW

一方で現時点でサポートされていないディスクは以下のもの。

  • CD
  • BD-RE Ver 1.0
  • BD-R/RE XL
  • Blu-ray 3D
  • ファイナライズされていないDVD
  • 8cmサイズのディスク
  • 変形したディスク(故障・変質・ハート&星などの特殊型を含む)

個人的には3D再生機能自体はあまり重きを置いていない状況ですが、3D好きの方も少なからずとも存在するはず…。いずれサポートされるとはいえ、PlayStation 3時代の「AV機器路線」色が薄れることは、総合エンタメマシンという部分に期待していたAV機器ファンからすると寂しいところではあります。

もちろん、そのような多機能さがPS事業の足を引っ張ったのも事実であり、今回のゲーム偏重型ともいえる措置は正しいものかもしれません。さらに “DISC” という概念自体が、非映像用途では消えつつあることを考慮すると音楽CDの未サポートは妥当なところでしょうか。昨今ではオンラインを通じた「ハイレゾ音源」の配信も始まっていますし、これらのコンテンツが増えてくれば、例えSACDが未サポートであろうがAV機器ファンを楽しませてくれることでしょう。

個人的心情を吐露すると「とりあえずはDLNAだけは欲しい!」。ぜひ、来年2月の発売日までにはアップデート対応されることを望みます。

[PS4公式マニュアル – English] [Neowin]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます