取材:立命館小学校がMicrosoftと共同で1人1台のSurfaceを導入 ―アウトプットにはSurfaceが最適

立命館小学校と日本マイクロソフトは5日、都内で共同の記者会見を行い、立命館小学校に2013年11月からマイクロソフトのタブレット端末「Surface」を導入すると発表した。同校の4・5年生(約240名)に対して1人1台の専用Surfaceが用意される。

ritsu_hero

立命館小学校の浮田恭子校長は会見の中で、「小学生の65%は、今現在存在しない職業に就くかもしれない」という研究結果を示し、先を見据えた教育を適切な時期に行うことが大切であると述べた。

立命館は通常の6-3-3制ではなく、4-4-4制を採用。1〜4年生を「基礎・基本を固めるファーストステージ」として位置づけ、5〜8年生を「夢を実現する力をつけるセカンドステージ」として位置づけている。両ステージの中間に位置する4・5年生が選ばれた理由としては、4年生がローマ字の習得を終えた段階であることに加え、セカンドステージが「情報を発信していく」ステージであるため、その基礎固めの意味があるという。

発信する力が重要

立命館小学校はICT教育の分野でも先進的な取り組みを行っていることで有名。同校では電子黒板を全教室に導入して日常的に活用。生徒向け端末としてNINTENDO DSやタブレットPCの活用も既に行っており、特定の端末にとらわれることなく多彩なデジタル機器を通じた教育を行っている。

立命館大学 教育開発推進機構 教授 兼 立命館小学校 校長顧問の陰山英男氏は、「学習した内容を表現し、どのように発信するかが重要」と考えており、それらの課題に対してマイクロソフト社と模索を続けてきたとのこと。そこでクローズアップされたのがSurfaceである。

Surfaceには一般企業で標準的に利用されるOfficeソフトが標準搭載されており、将来的にもスキルの習得に役立つと判断。さらに同校の全教室に導入されている電子黒板ではPowerPointを活用しており、生徒が独自の発表(プレゼンテーション)を行う際の親和性が高いことも評価された。

ritsumeikan_01もっとも大きい評価点としては「キーボードの存在が大きい」という。SurfaceはラップトップPCのように使用できることで、情報をアウトプットする際の資料作りなどで活用できる。タッチパネルのみのタブレット端末ではアプリを使ったインプット教育に最適であるが、何か資料を作成したり、スライドを作成したりするといった用途では力不足である。

その点、Surfaceはキーボードなどを使った入力が可能で、外部USBポートを活用することでさらに拡張性が高まる。SurfaceのキーボードはBluetooth接続で簡単に利用することができ、別途電源が必要ないことも評価点として挙げられた。また、Surface RTの「アプリがWindows Store経由でしか入れられない」という点は児童保護の観点で大きく評価されたとのこと。

PCを使うことで作文がすらすら書けるように

陰山氏が過去に体験した事例としては、Windows 95時代にWordを使って作文を行わせたところ、作文嫌いな子供がすらすら書くことが出来るようになったという。本来、手書きの作文用紙で書かせるスタイルでは埋もれていた才能が発揮できた好例となり、衝撃を受けたとのエピソードを披露した。さらに作文が得意な子供達は通常3枚〜5枚の執筆制限があるところ、すらすら書くことが出来るために30枚以上の大作を書かせて欲しいと要求してきたという。

キーボード付きのラップトップ端末は他のメーカーからも多数リリースされているが、左記のような端末は値段が高すぎるために、保護者の理解を得られにくいという判断に至ったのこと。今回のSurface導入にあたっては保護者が購入する形で導入されており、保護者の理解を得ることは必要不可欠な要素であった。その点においても値段は重要なファクターである。

陰山氏によると「保護者の方から様々なご意見はあったものの、導入にあたっては非常にスムーズに進んだ」としている。価格について具体的な言及は差し控えられたが、「現時点では物質的存在がない夢を買ってもらう」といった視点を保護者に強調した上で、購入しやすい価格で導入を実現したとの旨を述べていた。

マイクロソフトの教育関連担当者によると、従来、教育現場へのSurface導入は試験導入レベルの事例は存在したものの、立命館小学校のように1人1台といった大規模のものは始めてであるという。

小学生にMOSにチャレンジしてもらう

今回、Surfaceの導入にあたり、ただ単に製品を入れて終わらせるだけでなく、MOS(Microsoft Office Specialist)の取得を小学生の段階から推奨される。

ritsu_06

MOSの取得にあたっては小学生向けのカリキュラムは用意せず、あえて通常のカリキュラムを利用。既にMOSを取得している小学生が存在することから、マイクロソフトとしても通常のカリキュラムで支援していく考えであるという。ただし、いずれも実験的な試みであるために適宜、状況を鑑みてフィードバックを行い、次に繋げていくとしている。

PCはパーソナルなツール

陰山氏は今後必要になるスキルとして、「読み・書き・タイピング、というような時代にはいってきたのではないか」としており、デジタルを通じた情報発信が重要であるという考えを述べた。さらになぜ1人1台の導入を決めたのかという点については、インプット・アウトプットするときには個人それぞれのPCであることが重要であるとし、個人の持ち物として持つべきであるという哲学のもと決定したとのことである。

rits_05

今回のSurface導入ではタイプ感のある「Type Cover」が採用された

今回の導入に際し、マイクロソフトにおけるビジネス上のメリットとしては「学生・生徒の段階からWindowsに慣れ親しんでいただけると、将来につながる」と、日本マイクロソフトの樋口社長が述べた。Windowsに早期に慣れ親しむことで、Windowsが手に馴染む道具のようになることが長期的な成長のカギになるものと思われる。

教育とタブレット、そして発信力へ

Surfaceという “変わり種端末” は意外なところで花を開きはじめた。昨今、タブレット端末による「デジタルを通じたインプット教育」のみクローズアップされがちであるが、発信することが重要であるという立命館小学校の考え方はSurfaceとの親和性が高いことは言うまでもない。既にPowerPointを活用したデジタル教材を展開している同校ならではの導入事例であるが、まだまだ課題も多いという。例えば端末故障時の対応や運用上の問題、法整備上の問題があるとのこと。

ritsu_03ritsu_04

立命館小学校では独自のITC教材を作成
家庭科用に玉留めの仕方といった動画も用意されている

「立命館は常に最新で最先端でありたい」。陰山氏のそんな言葉からは、大人が躊躇して悩んで学びの機会を奪うよりも、子どもたちの可能性を最大限広げてあげたいという意思が強く伝わってきた。

教育とITは昨今クローズアップされているが、立命館小学校のSurface導入事例は1つの実験的試みとしても大変注目できる事例となりそうだ。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます