ソフトバンク、新型iPad miniを14日から販売へ ―実質0円から

ソフトバンクモバイルは13日、アップルの新型タブレット端末「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を14日(木)午前10時から販売すると発表した。既にiPad製品を取り扱っている店舗に加え、同社のオンラインショップで販売する。なお、端末は「Wi-Fi+Cellularモデル」に加えて「Wi-Fiモデル」も取り扱われる。

Wi-Fi+Cellularモデルは、ソフトバンクモバイルの高速通信回線「SoftBank 4G LTE」に対応するモデル。下り最大75Mbpsの通信速度で、小型のiPad miniを持ち運ぶ際に利便性が高い。

iPad miniは第2世代から2048×1536ドット表示に対応した「Retinaディスプレイ」を搭載。iPad miniにRetinaディスプレイの搭載を待ち望むユーザーにとっては待望の端末となる。

ソフトバンクにおけるWi-Fi+Cellularモデルの価格は下表の通り。

16GB 32GB 64GB 128GB
端末代金(一括) 5万4440円 6万5520円 7万5600円 8万5680円
端末代金(割賦の場合 24回)/月 2310円 2730円 3150円 3570円
月月割/月 2310円 2430円 2450円 2470円
実質負担額(最終) 0円 7200円 1万6800円 2万6400円
実質負担額(割賦の場合 24回)/月 0円 300円 700円 1100円

[ソフトバンクモバイル]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます