マイクロソフトの本気…第3世代Photosynthで撮影できる画像がとにかくスゴイ

米マイクロソフトは10日(現地時間)、同社が提供している画像合成ソリューション「Photosynth」の第三世代を初公開しました。既にプレビュー版を受け付けており、Microsoftアカウントを所有しているユーザーであれば試すことが出来ます。

第三世代Photosynthはとにかく凄いの一言。説明するよりも、とにかく下に掲載したデモをご覧下さい。

従来提供されていた機能に加え、新機能も含めた撮影スタイルは以下の4種類。

  • Photosynth : Spin
    • 1つの物体(建造物などの巨大なものも)を周囲から360度撮影することで、アラウンドビューを作成出来る機能
  • Photosynth : Walk
    • グーグルストリートビューのようなものを独自に作成できる機能
  • Photosynth : Wall
    • 視野角は狭いままに、パノラマ画像を作成できる機能
  • Photosynth : Panorama
    • 撮影者を中心として360度のパノラマ画像を作成できる機能

Photosynthはスマートフォンのカメラやコンパクトデジタルカメラによって撮影された画像を複数枚合成して1つの画像にするものです(もちろんデジタル一眼レフのような高級機でも可能)。ソフトウェアが各画像を読み取って特徴となる部分を検出することで、重複して撮影された部分は自動的に除去されるという仕組みになっています。

今回は奥行きなどの概念も加えられており、それらに対してマウスやタップによる操作を自動的に付与されるのも特徴で、複雑な撮影コース(パス)であっても見事にウォークスルー画像を合成することができます。

Kinectをはじめとした画像・映像処理に注力するマイクロソフトですが、Photosynthも非常に野心的で面白い取り組みです。今のところ、スマホ用アプリをダウンロードして手軽に合成とはいかず、PCを使ったアップロード作業が必要となりますが、将来的にはこのような処理もアプリで完結できれば非常に面白いことになることは間違いありません。なお、従来世代のPhotosynthはスマホ用アプリが提供されています。

[Photosynthプレビュー申し込み] [Microsoft News]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます