米アマゾン、2014年前半に独自スマートフォンを発売か ―DigiTimes

台湾ハイテク系メディアDigiTimesは17日(現地時間)、サプライチェーン筋の情報として、米アマゾンが準備中の独自スマートフォン(通称:Kindle Phone)が来年2014年の前半に発売されると伝えています。

情報によると、コンピューター周辺機器の製造および販売を行う台湾「Primax Electronics」が、本端末に使用されるカメラモジュールを受注したとのこと。このカメラモジュールはフローティングタッチ技術に使われるものとしています。

Amazon-Smartphone

画像はイメージ

アマゾンの独自スマートフォンは、計6つのカメラモジュールを搭載すると以前伝えられており(過去記事)、一風変わった端末になることが示唆されています。この多くのカメラによって、「ジェスチャー」や「アイトラッキング」など、複数の機能が実現すると期待されています。

これまでの情報を整理すると、端末のサイズは4.7インチ。プロセッサにはSnapdragon 800を採用。さらに、開発は台湾HTCと共同で開発されているという情報があるほか(過去記事)、本端末はプライムメンバーにのみ販売されるとも噂されています(過去記事)。価格は100~200ドル(約1~2万円)で提供されるかもしれません(過去記事)。

なにかと話題を呼ぶAmazonのスマートフォンですが、気になるのはその機能と日本発売です。近年、日本でもSIMフリー端末の流れが徐々に活発化しており、それをくみ取れば本端末の国内登場も可能性があるかもしれませんね。

[Digitimes via 9to5google]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます