「起業したい」が口癖になってませんか?Microsoftの学生向け大会で自分を試そう

日本マイクロソフトをはじめとした116社が参加する「WDLC(Windows Degital Lifestyle Consortium)」は先月18日から、次世代人材輩出プロジェクト「Digital Youth Award 2013」の応募を受け付けています。

dyp05

既に募集中 / アイディア部門はプログラミングスキル無しでも応募可能

今年からはDigital Youth Awardのアプリ部門で優勝・準優勝したチーム・人物が、あの「Imagine Cup」に日本代表として出場する唯一の切符を入手できるとあって、白熱したバトルになることは間違いありません。

本記事では、先月開催されたキックオフイベントのレポートに加え、なぜこの大会に学生がチャレンジ “すべき” なのか、その辺りを中心に扱っています。

「起業する・したい」が口癖になっていませんか

1990年代末にドットコムブームが到来し、そしてITバブルが崩壊。それから約10年を経てFacebookやTwitter、Instagram、Tumblerなど、SNS界隈で盛り上がりを見せて、今の『第二次IT起業』の波が押し寄せています。

当時小中学生だった人達が、2013年の現在では大学生位の年齢になっていることを考えると、”起業ブーム” は10年スパンで訪れるのかもしれません。ただし、なんとなく当時と違うのは「起業する」と言う言葉が一人歩きしていることでしょうか。

「ハッカソンや「起業を目指す学生向けイベント」など、起業を目指す人達向けのイベントはとても充実しています。ところが、参加者から聞く限りでは「起業する・起業したい」という言葉は聞くものの、具体的なビジョンやプロダクトがないとのこと。もちろん探し途中の方もいらっしゃることでしょう。人生を賭ける事業を見つけることは非常に時間がかかるものです。

ただし、以下のような項目に複数該当するのであれば要注意。

  • 様々な起業イベントに積極的に参加している
  • 著名人と交流を深めることが参加目的
    ※自身のプロダクトやビジョンをアピールしたいわけでも無い
  • 「起業準備中です」「起業します」「起業したいです」が数ヶ月・1年単位で続く
  • 自分が人生を賭けるべき事業について考える時間が1日24時間の間で無いに等しい
  • プロトタイプですら生み出すという作業をしていない

上記の項目に複数当てはまる場合、「起業する」と表明することで他者とは違ったステイタスを感じることに満足しているといったことや、起業イベントに複数参加することであたかも前進しているかのように感じてしまっている可能性があると筆者は考えています。

起業は後からついてくる

何を持って「起業」とするのか定義は曖昧なものです。事業を探し始めた時から起業ですし、自営業として営業を始めた時点でも構いません。または法人格を取得した時を起業とする場合もあるでしょう。

ただし、いずれの場合も「起業」は後から勝手に付いてくるものであって、目的ではないのです。理想のサービスを作り上げていたら勝手に組織化 or 営業活動を行っていたといったパターンや、税制や取引上の問題から迫られて法人化したといったパターンが、名を馳せる企業の成り立ちによくあるものです。

「何かプロダクトを作ることに熱中した結果、ヒトもカネも必要になって自然に起業している」という流れと、「起業を目的として様々な行動を起こす」という流れは互いに性質が異なります。その動機の違いこそ「ビジョンの欠如」「プロダクトが存在しない」といった原因を招いているのではないかと、個人的に考えています。

自分を試して長期スパンでチーム運営をしよう

そこで重要なのが、まずは「自分を試す」ということ。そして、それはハッカソンのような短期決着型ではなく、半年ないし年単位で目標に向かって駒を進めていくことが大切です。その際にチームとして運営していくことも重要なことでしょう。

長期スパンで試されるということは、まずは緻密な計画が必要となります。ブレの無いビジョンを描き、ゴールに向かってマイルストーンを設定する。そして実際に駒を進め、様々な諸問題に対処しながらゴールを目指す。

これらのことを行うのは非常に大変なことです。納期(締め切り)もあるのでプロジェクト管理能力も求められます。「起業したい・起業準備中です」が口癖になっている人には、「PDCA(計画・実行・評価・改善)」のPlanに着手することですらハードルが高いかもしれません。

そういった点でWDLCが主催する「Digital Youth Award」が絶好の機会となるわけです。応募期限までに残された時間は約3ヶ月あまり。登竜門としてはピッタリの長さです。次の項で説明しますが、上位者は起業支援を受けられる可能性があるといったことや、世界大会で自分の力を試すことができます。次に繋がり易い環境が用意されている、いわば “VIPチケット” のようなものです。

本来であれば自分で期限を定めて計画通りに駒を進めていくのがベストですが、誰もがそれをできるわけではありません。無理矢理やらざるを得ない状況に身を置くのも手段の一つというわけです。

Digital Youth Award 2013の概要

Digital Youth Award 2013は、今年で開催が2回目となるコンペティション。冒頭で触れたように、次世代人材の輩出を目的としており、18歳〜29歳までの専門学校・専修学校・高等専門学校・大学の生徒に参加資格があります。

募集部門は2つ。1つはプログラミングの知識がなくても参加可能な「アイディア部門」。もう1つはアプリ開発までも行う「アプリ部門」です。アイディアはあるけどプログラミングは出来ない…という方は前者がオススメ。誰しもがプログラミングが出来るわけではない一方で、素晴らしいアイディアを持っている学生も多いはず。そんな学生にも門戸が開かれているというわけです。

dya_title

Credit : WDLC

さて、注意点としては、学生ITコンテストの「Imagine Cup」に出場出来る権利を得られるのは『アプリ部門』のグランプリと準グランプリを獲得したメンバー・人物だけであるということ。そして今年から、Imagine Cupに出場するには、左記の条件が必須となりました。したがって、Imagine Cupへ出場するにはDigital Youth Awardのアプリ部門で好成績を収める必要があります。

Imagine Cupへの出場権利こそありませんが、アイディア部門の優勝者には賞金10万円に加え、起業に向けての投資支援を得られる可能性があります。

アイディアを具現化する際に必要なのは、第一に資金、そしてエンジニア確保という流れになるので絶好のチャンスと言えるでしょう。ベンチャー企業が投資支援を受けるのは非常に困難な道のりです。そういった術が用意されているアイディア部門は、チャレンジする価値が大いにあります。

実際に動く大切さを実感した、昨年の受賞者達

先月開催されたキックオフイベントには、第1回 Digital Youth Awardの受賞者やImagine Cup日本代表のメンバーも駆けつけ、キックオフイベントでは登壇してパネルディスカッションが行われました。

――これからチャレンジする学生に対して

dyp01

Imagine Cup 2012で世界2位を獲得したチームCoccoloの大川さん「一緒に頑張ることが出来る仲間を探すことが大切。楽しい時を一緒に過ごす仲間はいっぱい出来るけども、本当に仲間が大事になるときは本気でしんどい時。長くプロジェクトを進めていくと、絶対何かの壁が出てくる。自分一人で乗り越えられない時にはチームメンバーが助けてくれる。周りの人を巻き込んで苦しんで戦える仲間が大切。それを経て認めてもらった時が凄く嬉しい」

dyp02

Digital Youth Award 2012でコンセプト賞を受賞した菊池さん「この大会を一つのキッカケにして欲しい。アイディアを考えるのは好きだったが、この大会に出るまで開発は殆どできなかった。でも、決勝大会でアプリ部門の作品を見て、やはり形に出来ているものはそれだけでパワーが全然違うと思った。今は本格的に開発の勉強をしている。それが次のキッカケとなり、中高生にアプリ開発を教えている。自分の可能性が広がるキッカケになった」

実際に行動して賞を掴んだ学生は、とても貴重な経験を得たことは間違いありません。仲間という存在はもちろん、チーム運営・プロジェクト運用の苦労、そして未踏分野へのチャレンジなど、普段生活していては体験できないような体験が出来ているようでした。「言葉やネット上の発言だけでなく、実際に行動を。」その大切さが過去の受賞者から伝わってきます。

最後に

このような取材記事で、筆者(記者)の考えを前面に押し出す内容は一般的にはタブーとされます。しかし、学生のみなさんは特に “何でも出来る” 時間を過ごしています。だからこそムダに生きてはなりません。筆者は学生の皆さんと7時間近く一緒に過ごしただけでも、その大切さと可能性を感じました。だからこそあえてこの記事を送り出します。

dyp04dyp03

著名人との交流を深めるのも確かに大切なことです。しかし、ネット上での発言や交流履歴を元に自分を大きく見せることは大切なことではありません。何かプロダクトを生み出すために昼夜を問わず真剣に考え、チームとして他者と共に歩み、計画の立案、実行を実際にすることが大切です。

本来であれば「このような大会にすら出場せずに、自分が全うすべき事業を考え続けろ」と言いたいところですが、流石にそれは怒られそうなので末尾に小さく書くに留めます。

誰もがチャレンジする勇気や環境を持ち合わせているわけではないからこそ、キッカケとしてDigital Youth Awardのような、恵まれたチャレンジカップに参加する意義は決して小さくないことでしょう。

周囲の声や雰囲気に飲み込まれてはいけません。自分・チームの力で実際に歩んでみませんか。全ての学生は、ぜひともチャレンジを!

[Digital Youth Award 公式サイト]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます