iPhoneの写真整理がさらに便利に ―米アップル、音声認識による写真タグ付けの特許を申請

Apple Insiderは26日(現地時間)、米アップルが同社のスマートフォン「iPhone」において、写真のタグ付けや検索に「音声認識」を利用できるようにする特許を申請したと伝えています。

今回の特許は、 “単語” を喋り、それを登録するという単純なものではなく、音声アシスタント「Siri」を使って” 自然言語処理” を通じたより先進的なものであるとのこと。写真の説明をSiriを使って喋ることで、活動状況や場所、写っている人に基づいたタグ付けを行うことができます。

例として、「これはビーチにいる私」とSiriに話しかければ、その情報に応じたタグ付けがなされることになります。また、写っている人の顔や建物を認識し、似た写真へのタグ付けも自動的に行われるとのこと。

patent-131226-1

Credit:Apple Insider

米アップルは、iOS 7で「写真」アプリの大きな改善を行いました。自動的に写真の整理がなされ、年別や撮影地別に写真を探すことが簡単になりました。今回の特許はさらにその利便性を増すものであり、スマートフォンのカメラ性能向上にともなって、ソフトウェアも強化しようという動きが高まっているのかもしれません。

毎度のことながら、申請された特許が実際に使用されるかどうかは不明です。ただし、今回の機能はソフトウェア対応ができる事例であるため、「iOS 8」で搭載される可能性もありそうです。

[Apple Insider]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます