Pixivと連携!創作活動をより楽しくするネットショップ開設サービス「BOOTH」がスタート

ピクシブ株式会社は19日、同社が運営するイラスト投稿サービス「pixiv」と連携する、ネットショップ開設サービス「BOOTH(ブース)」を開始しました。初期費用・月額利用料・販売手数料が一切かからずに利用できるのが特徴です。

BOOTHは、同人誌やCDの他、ゲームや電子書籍などのデジタルコンテンツのダウンロード販売が可能となっており、同様のサービスでハンドメイドグッズの販売に特化しているBASE(ベイス)と比べ、デジタルコンテンツの販売がしやすくなっているのが特徴です。また、pixivと連携させることによりマイページからショップのプロモーション、新着商品の通知が行えます。

booth_pixiv

pixivには人気の絵師やそれらの人物を取り巻くコミュニティが存在しており、そういったSNS的要素を活かして販促に繋げるものと見られます。

他にもゲームの体験版やサンプルを配信するときに便利な『価格設定 0円機能』も備えており、自分の作品を知ってもらうのにも最適です。

ネットショップをするためには、利用料金の発生や登録手続きの手間がありましたが、BASEやBOOTHの登場により、個人でのショップ立ち上げが簡単になりました。2013年は手軽なネットショップ開設サービスの登場や「Yahoo!ショッピング」の出店無料化があり、ネットショップ改革の年ともいえる状況です。

インターネットの登場で個人がブログやTwitterなどのメディアを持つ時代になりましたが、個人がショップを持つ時代もすぐそこに来ているのかもしれません。

[BOOTH][ピクシブ株式会社]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます