サムスンの進化したスマートテレビ、来年のCESで展示 ―指で操作可能

スマートテレビを世界で展開するサムスンですが、来年1月に開催される「CES 2014」で公開されるモデルでは、”指ジェスチャー” に対応するようです。加えて、現在11カ国で対応している音声操作サービスを来年中に、全23カ国で利用できるようにするとのことです。

従来のスマートテレビにおいても、手のひら全体を用いたジェスチャー操作には対応していましたが、新しいモデルでは指を反時計回りに回すことで ”巻き戻し” が行えるなど『指のモーション』に対応した操作が可能になります。

Discover_S-Recommendation-with-Voice-Interaction-1

Credit : SAMSUNG Electronics

また、2013年モデルでは、音声操作を利用したチャンネルの切り替えには “チャンネルを変える” + ”チャンネルの番号” と、2つの命令が必要でしたが、新モデルではチャンネル番号を言うだけで番組を切り替えることができる見込みです。もちろんチャンネルの切り替え操作だけではなく、ユーザーはテレビを楽しみながら、天気、株価、スポーツスコアなどを、音声操作を通じて簡単に調べることができるようになります。

技術の進歩により、一挙手一投足、全てが検出できるようになってきている現在、このようにあらゆるデバイスの操作をジェスチャーで行ってしまおうという取り組みは多々あります。 “朝起きればカーテンが開き、パンが焼かれ、指を振ればテレビでお気に入りの番組が始まる” なんて夢の生活もすでに3つ目はクリアできる段階に来ています。

[SAMSUGN TOMORROW via Engadget]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます