ソフトバンク、来春にも「Galaxy S4 mini」を投入か —すでに技適通過

総務省の電波利用ホームページから、サムスンの「Galaxy S4 mini」を示す型番「GT-I9197Z」と「GT-I9197X」が10月に技適を通過していたことが分かりました。

スクリーンショット 2013-12-01 2.30.58

Galaxy S4 miniは今年5月にサムスンが発表し、すでにグローバルモデルとして発売されている端末で、今年8月にはTDD-LTEとFDD-LTEに対応した世界初のスマートフォンとしてサムスンから対応モデルも発表されました。

galaxy-s4-mini

Credit:サムスン

今回技適に通過した「GT-I9197Z」と「GT-I9197X」はともにFDD-LTE方式(900/1800/2100MHz)に対応したモデルで、ソフトバンクとイーモバイルの周波数帯に対応していることから、このどちらかのキャリアからリリースされるものと思われます。「GT-I9197X」は、さらにTDD-LTE(AXGP 2.5GHz)にも対応していることが分かっています。

現在グローバルモデルとして販売されているGalaxy S4 miniのスペックは以下の通りです。

OS Android Jelly Bean 4.2.2
CPU Snapdragon 400 デュアルコア 1.7GHz
前面カメラ CMOS 190万画素
背面カメラ CMOS 800万画素
ディスプレイ 4.3インチ AMOLED
解像度 960×540 256ppi
寸法 124.60(H)x 61.30(W) x 8.94(T)mm 
重量 107g
RAM 1.5GB
ROM 8GB/16GB
カラー ホワイト/ブラック
バッテリー 1900mAh

Galaxy S4 miniは、ソフトバンクまたはイーモバイルから来年の春モデルとしての発売が見込まれます。 

[総務省 via juggly.cn]
[サムスン]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます