Xbox Music日本上陸! ―本日20日よりサービス開始

日本マイクロソフトは20日、Windows 8.1およびWindows RT 8.1向け音楽配信サービス「Xbox Music」を日本国内で提供を開始すると発表しました。すでにWindows 8.1のミュージックアプリを起動することで利用が可能です。

提供楽曲は、エイベックスを初めとする日本の音楽会社9社から約2500万曲。価格は1曲あたりおおよそ150~250円。ビットレート320kbpsのMP3でDRMフリーで提供されます(一部楽曲を除く)。なお、購入前には30秒以上の事前試聴が可能です。購入方法は「クレジットカード」または「Windows ストア ギフトカード」「Xbox ギフトカード」でのチャージによります。

Xbox Music1

Credit:Xbox.com

Xbox Musicの大きな特徴は「所持する音楽の保存場所を意識させない」こと。Xbox Music以外で入手した楽曲も同サービスで管理することが可能であるほか、Windows 8.1で新たに導入された「Bingスマート検索」との連携で、聴きたい楽曲を購入済みかそうでないかに関わらず簡単に検索することが可能です。また、購入した楽曲は他のデバイスに転送して楽しむことも可能で、Windows 8.1搭載PCやタブレットであれば、最大4台まで再ダウンロードすることができます。

Xbox Music3

楽曲提供9社は以下の通り。今後順次拡大予定であるとしています。

  • エイベックス・マーケティング株式会社
  • キングレコード株式会社
  • 株式会社テイチクエンタテインメント
  • 株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 日本コロムビア株式会社
  • ビクターエンタテインメント株式会社
  • 株式会社 フォーライフ ミュージックエンタテイメント
  • ユニバーサル ミュージック合同会社
  • 株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

なお、本サービスの開始を記念して、来年1月15日までLINKIN PARK のリミックス曲「LINKIN PARK x STEVE AOKI / A LIGHT THAT NEVER COMES (Brian Yates Remix)」を無料で配信するとのこと。

今のところWindows 8.1のみの提供であることが少々残念ではありますが、ファイルの保存場所を意識させない仕組みは音楽の聴き方に一石を投じそうです。

[Xbox Music]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます