米アップル、2013年のApp Store売上が100億ドル突破と発表

米アップルは7日(現地時間)、iOS向けに展開するアプリケーションストア「App Store」の2013年における年間売上合計額が100億ドル(約1兆500億円)を突破したことを発表しました。また、12月だけで10億ドル(約1050億円)以上の収入があったことも明らかにしており、ホリデーシーズンは特に好調だったことをアピールしています。

hero

アップルのインターネット ソフトウェア&サービス関連の上級副社長を務めるEddy Cue氏は、この結果に対して「2013年をApp Storeにとって最も良い年にしてくれた顧客に対して感謝したい」とのコメントを発表しました。

発表の中では、複数年にわたってヒットしたアプリとして、日本発のパズルアクション「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」が紹介されました。パズドラはアプリ内課金として日本独自であった「コンティニューなどに使えるアイテム(魔法石)」の概念やそれまでのソーシャルゲームに無かったスタンドアロンゲームならではのゲーム性が世界的にヒットし、その後登場する多くのモバイルゲームに影響を与えました。

また、2014年に台頭してくると期待される開発者の中に、日本の「BASE」が挙げられています。BASEは、ネットショップを誰でもカンタンに無料で作成できるサービスを展開しています。アップルの期待を受けて、この1年でどれだけ伸びることができるか楽しみな会社です。

App Storeは155ヶ国で展開され、アプリ数が100万本(iPad対応は50万超)を突破するまでになりました。ストアが始まってから開発者に支払われた金額は(累計で)150億ドル(1兆5600億円)超。App Storeは配布手数料が売上の3割と高額な部類に入りますが、事前審査があるために不正な海賊版が出回りにくい(0とは言い切れない)・ユーザーの購入金額が他より高いなど、開発者にとってはメリットが大きいストアとなっているようです。

よくよく考えてみると、1企業の独占プラットフォームにもかかわらず年間1兆円の経済規模を持つということは、恐ろしくも感じてしまうような事実です。進化がなくなってきたとも言われ始めたスマートフォンですが、アプリ市場はまだまだ熱いといえそうです。

[Apple via ITmedia]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます