AppleInsiderは30日(現地時間)、米国特許庁で公開された情報として、米アップルが静電式ながら圧力を感知できるタッチパネルの特許を申請していたと伝えています。

今回の特許は、最低3つの圧力センサーを端末の淵(ベゼル部)に埋め込み、それらから得られる情報をもとに解析を行って、ディスプレイのどこにどのくらい圧力がかかっているかを検知する仕組み。ゆえに、現在スマートフォンなどで一般に使われている静電式パネルを使いながら、感圧式パネルのように圧力を検知することができ、より複雑なジェスチャーや操作などが可能になるとしています。

apple-touch-pressure-sensitive

Credit:MacRumors

ここ数日 “特許のお祭り” 状態となっていますが、今回登場した技術はその中でもより実用性が実感できるもの。先日スタイラスペンの特許なども申請されていたことがわかりましたが、今回の技術で筆圧を細かく感知することが可能になるため、非常に使い勝手の良いものとなりそうです。

スタイラスといえばワコム、さらにいえば最近ではWindowsタブレットが盛り上がりをみせていますが、アップルが今回の特許を実用化すれば、大きなライバルになるかもしれません。

[米国特許庁 via AppleInsider]