au、AQUOS PHONE SERIE mini発表 IGZO脅威の487ppi

KDDIは22日、2014年春モデルとなるシャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE SERIE mini」を発表した。この端末は画面縁ギリギリまで縁を細めた「EDGEST(エッジスト)」を採用し、約4.5インチの画面を搭載しながらも約63mmの横幅を実現。片手で持った際の持ち易さにもこだわった。

p_besshi3_01

約4.5インチの液晶ディスプレイはIGZO方式を採用。表示画素数は1920×1080ドット(フルHD)に対応しており、ピクセル密度は約487ppiにも及ぶ。さらにIGZO搭載端末において省電力の要となる映像リアリティエンジン「FEEL Artist」を搭載。色彩・彩度・明度を的確にコントロールすることで、描画力を高めながら省電力を実現する。さらに「HSV色空間」に対応することで、ユーザーの好みに合わせたディスプレイの色味を調整することが可能。

基本的なスペックは以下のとおり。

搭載OS Android 4.2
ディスプレイ 約4.5インチ IGZO液晶
解像度 1920×1080
CPU 2.2GHz駆動クアッドコア
Snapdragon 800
MSM8974
RAM 2GB
内蔵ストレージ 16GB
外部ストレージ 最大64GB
背面カメラ 1310万画素
前面カメラ 120万画素
対応ネットワーク LTE(最大150MBps)

グローバルパスポート(海外)
LTE/UMTS/GSM/GPRS
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.0
NFC 対応
おサイフケータイ 対応
ワンセグ 対応
フルセグ 非対応
赤外線通信 対応
バッテリー容量 2,120mAh
バッテリー取り外し可否 不可能
防水・防塵 防水対応
サイズ 約124(H)×63(W)×9.9-10.3(T)mm
重さ 約115g
展開色 ピンク・ブルー・イエローグリーン・ホワイト

[KDDI]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます