中国の独自スマホOSが登場 HTCが開発協力の可能性も?

中国科学院とLiantong(上海聯彤網絡通訊技術有限公司)が共同で設立した企業が、中国産の独自スマホOSを発表しました。この独自OSは「China Operating System(COS)」と呼ばれており、中国の国内需要(意味深)に合った機能を提供するとしています。

htc-cos

発表にあたり同社は、マイクロソフトやグーグル、アップルなどの外国企業がスマートフォン向けOS市場を寡占していると指摘。さらに、セキュリティ上の脆弱性やサイバー攻撃の標的になりやすいことから、独自の国産OSを開発する必要性があったとしています。とはいえ、COSのベースにはLinuxが採用されているとのことで、完全にゼロから開発されたものではありません。

なお、COSが動作するデモ端末はHTC Butterfly。と、画面を見ると気付く方も多いかと思いますが、このOSはHTCが開発していたOSに瓜二つです。昨年夏頃には、HTCが中国向けに独自OSを開発していると報じられたこともあり、大方の見方としてはこのOSが該当するのではないかとみられます。

この件に関して、Engadget英語版がHTCに対して取材を試みたところ、コメントは差し控えられたとのことです。

明らかにHTC製のOSであるようにみえるCOS。堂々と「中国産!」と表現するのは正しいのか、正しくないのか定かではありませんが、この記事では特に触れずにそっとしておきます。

[COS][Engadget][Neowin]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます