そのジレンマとは、グーグルのNexusシリーズが売れれば売れるほど、その委託先メーカーの独自端末とシェアを奪い合う形になってしまうというものです。これは、Nexus 5の製造を委託されている韓国LGがグーグルの増産要求を拒否した事例からも見て取ることができます。

LGは、Nexus 5と同等スペックの「LG G2」を販売していますが、値段の面で大きく不利な状態に置かれています。大量に出荷されるNexusは安く提供することができるのに対して、LG G2はNexus 5のほぼ2倍の価格設定になってしまっているのが現状です。

Nexus5-1

Nexus 5

これらの事例もあって、将来的にはグーグルが独自にスマートフォンを製造することになるだろうと予測されており、傘下モトローラ・モビリティにその期待がかかっていました。

しかし、グーグルはモトローラ・モビリティをレノボに売却することで合意。Eldar Murtazin氏は、レノボ製Nexusが米国市場に焦点を合わせて大量生産されるだろうと伝えており、今回の買収がNexusシリーズの受注を約束しての合意であったと予想することができます。

これらの “Nexus廃止説” はグーグルが正式に発表したわけではありませんが、Eldar Murtazin氏のリーク実績や実情を見る限り、あり得ない話では無さそうです。

[Eldar Murtazin(Twitter) via リンゲルブルーメン]