Galaxy Fは金属筐体のGalaxy S4か ―FはファッションのF

ロシア在住でMobile-Review.comの編集長を務めるEldar Murtazin氏は自身のツイッターで、韓国サムスンがまもなく発表するとみられるフラグシップスマートフォン「Galaxy F」は、「Galaxy S4」をベースにした金属筐体の端末になると伝えています。情報によれば、同端末の “F” は “Fashion(ファッション)” を意味するコードネームで、実際に商品として発売されるときには別の名前で登場するとのこと。また、金属筐体を採用することから少々価格が高くなるとしています。

また、同氏は「Galaxy S5」についての情報も伝えており、同端末は既報通りMWC2014で発表されるとのこと。発売はGalaxy S4と似たような形となり、3月1日には一部地域で販売を開始するとしています。

伝えられた情報が事実だとすれば、Galaxy FはGalaxy S5と比べて少しスペックが劣ることになりそうです。これまでの情報では、Galaxy S5も金属筐体を採用する可能性が伝えられているため、両端末を差別化する狙いがありそうです。

Galaxy S5は、サムスンの副社長を務めるDong-hoon Chang氏により、MWCで発表されることが明らかになっています(過去記事)。なお、同端末は4GBのメモリや64bit対応プロセッサ、5.25インチの2560×1440ドット(WQHD)AMOLEDディスプレイが搭載されると噂されており、随一のハイスペックスマートフォンになることが期待されます(過去記事)。

日本では例年通りNTTドコモが春モデルとして取り扱うものと考えられますが、昨年Galaxy Note 3がauからも発売されただけに、今回の発売キャリアがどうなるかは気になるところです。

[via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます