明けましておめでとうございます。2014年は昨年以上にアクティブに、かつ、着実にガジェット速報の運営を進めて参りたいと思います。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

aouma

さて、新年のご挨拶はどのようなものにしようか迷っていたのですが、2014年の予定や最近の私達についてご紹介することにしました。

また、従来は「ガジェット速報の実態って何なの?」という、顔が見えないところもありましたので、年始めというキッカケもありまして、改めてご挨拶をさせて頂きたいと思います。

はじめは一個人が始めたガジェット速報

ガジェット速報を立ち上げたのは2011年3月30日のこと。初期の頃からご覧頂いている方はご存じかと思いますが、2chのまとめブログながらも、コラム掲載やAppleイベント実況も行う “謎媒体” として、管理人が1人で始めました。

2chでは非常に面白いやり取りがされている一方で、ガジェットの話題や日本の電機ビジネスをめぐる書き込みを読むには「前知識」が必要であることが多かったため、管理人が単語に補足を入れたり、流れに対して見解・読み方を加えたりするといったことを行っていました。

2012年春にニュースサイト化してからも、その当時のポリシーを変えることなく、できる限り万人に分かりやすく、ワクワクできるものを皆様にご提供することを心掛けています。それが今も導入されている「興味起点制度」に活かされておりまして、ライターさんの興味がない話題は無理して書く必要がないという仕組みです。

複数ライター制の導入

2012年末に複数ライター制に移行すべく、ライターさんの募集をはじめました。ここからが「私の」ガジェット速報から「私達の」ガジェット速報に変わったタイミングです。

記事掲載までのフローを軽くご紹介すると、ライターさん個々人が書きたいネタを「サイボウズLive」というグループウェア上に宣言し、そのネタに対して編集部が精査・承認をした上で執筆する流れを採っています。

live

サイボウズLiveでは24時間、昼夜を問わず記事宣言が行われる

執筆作業というのは一朝一夕では身につかないものですので、ライターさん個人の進度に合わせて、Google Docsを利用して加筆・修正依頼をするといったことや、直接、コンテンツ管理ソフト(Wordpress)に書き込んで頂くといったパターンを用意しています。

記事ネタの選別から校正にいたるまで、ガジェ速内部専用のルールが存在します。もちろんライターとして活動されている方は素人の方が大半ですので、その辺も含めて基礎中の基礎から文書化すると共に、コーチング形式で教えていきます。

001neta

ガジェ速の記事にはルールがあり、執筆マニュアルも存在しています

公開作業は全て編集部が一手に引き受けており、編集部の承認無しには記事を発行することが出来ない仕組みです。管理人自体がメディア業は素人ですので、全て独流だったりします。

近日中にライター募集を行いますので、ぜひとも皆様のご応募お待ちしております。原稿料も昔とちがってかなり上がるようになりました…が、最大手メディアさんと比較するとまだまだでしょうか。成長に伴って還元する仕組みを取り入れておりますので、1年・2年スパンで見て頂けると幸いでございます。

そして、メディア事業とWEBサービス事業の明確な分離

2012年夏頃から管理人は、ガジェット速報はもちろんのこと、WEBメディアのあり方について様々な模索を行っていました。それ以前からインターネットにおける人々の声・ディスカッションというものに注目しており、様々な研究を行いました。

fukidashi

昔も未来も、国や世界を変えるためには人と人との議論が必要不可欠であることは言うまでもありません。議論が社会を、国を、世界を良くすると管理人は考えています。

そこで日本に大きな転換をもたらした幕末における「志士」に注目し、”機運の高まり” を引き起こした要因の一つに「私塾」の存在を見出します。

特に、松下村塾などで行われた自由闊達な議論は、実際に人々を行動に導いただけでなく、塾生は国全体の機運を高める伝道師となりました。

現代における私塾が、ある意味インターネット上のディスカッションスペースであると考え、その次世代のディスカッションスペースを構築することを決意。メディア事業と分離して、1つの事業としてスピンオフする決定を行いました。

2013年5月に法人化

管理人は、自分の決定を公にするのはどうも性に合わないということもあり、前項のようなことを大々的に皆様にお伝えすることもなく、約1年半あまりヒッソリと進めていました。大きな目標は自分の内なる心の中と、同志との間に。

そんな中、WEBサービス事業のシステム開発において自治体から助成金を頂戴することとなり、制度上の問題から、必要に迫られて2013年5月に法人化するに至ります。

quelon

私の悪いところに「あまり表に出たがらない」というところがあり、同業種サイト運営者同士の会合には一切顔を出しませんし、起業を志す人達のイベントにも一切足を運びません。その代わり、自分が今すべき事業にトコトン傾倒し続けるといった “モヤシ生活” を送っています。

加えて「ベンチャー企業立ち上げました!」「起業しました!」系のノリがあまり好きではないこともあり、コッソリとではありますが「1つの通過点にすぎない」といった感じで粛々と行政書士さんに書類を提出して、いつのまにか法人化していました。特に隠すような意図はなく、ガジェット速報のページ下部にこっそりと「クーロン株式会社」の名前が刻まれています。

法人化したからといっても特に大きな変化はなく、むしろ読者の皆様ともっと密に触れ合うことが出来る機会を増やしたいと考えています。

メディア事業はより規模を大きく

管理人はメディアという物に対して語る立場にすらありませんので、公の場で多くを述べることはありませんが、弊社なりの理念にしたがってメディア事業を「GGSOKU」「Technity」「Cul-On」の3本柱で進めて参ります。

例えば、私が昔から愛読させて頂いているGIGAZINEさんは広告収入モデルからの脱却を精力的に進められており、とても刺激を受けております(※名前を出してすみません)。

メディアは広告という収入に頼る以上はブレイクスルーは起こりにくいものですので、弊社としても別の角度からメディア運営を捉えていきたいと考えています。ジェフ・ベゾス的な。

WEBサービス事業はまさにベンチャー企業そのもの

メディア事業もまさにベンチャー企業そのものな動きをしているのですが、WEBサービス事業はそれ以上かもしれません。WEBサービス事業は主にコメントに関するシステム開発を行っています。

また、前述させて頂いたように自治体からの助成金認定事業であると共に、大学の自然言語処理専門の先生と産学協同研究を行っています。この場において具体像をあまりお話することはできませんが、下記の書籍が関係するようなものです。

WP_20140101_15_29_09_Pro

自宅には入門書籍しかありませんでした…ご勘弁ください

Quelon2

システムの概要(一部)

WEBサービス事業はメディア事業とも密に連携し、その先の事業計画においても非常に重要な要素となります。

quelon_img

新コメントシステムの画面

かなり精力的に動いている一方で、弊社はあくまでも風が吹けば倒れるようなベンチャー企業でもあります。万年、人的にも資金的にもリソースが不足気味であるのは正直なところです。もし弊社の取り組みやビジョンにご興味をお持ち下さる方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡くださると幸いでございます。

info@ggsoku.com

そして、東京にオフィスを借りました

東京での取材も多くなったこともあり、東京に拠点の必要性が迫られた2013年11月。南青山にある、一風変わったワーキングスペース「FARO」に弊社はオフィスを設立することになりました。

faro001

このFAROというスペースは、入居する企業同士が横のつながりを持って化学反応を起こそう的なオーナーの面白い発想の下、作られています。そういった点も弊社が選定した理由の一つ。

faro002

1Fには本格イタリアンレストラン「Torratoria larus(ラルス)」が併設されています。オーナーに「宣伝もしますよ!」とは言ったものの、宣伝要素抜きで本気で美味しいイタリアン。弊社メンバーもランチやディナーでここを利用していたら、他のイタリアンなお店では満足できなくなってしまった程です(本当)。

faro003

こういったイベントスペースが併設されているのも選択のポイント。いずれ読者様を交えて3Dプリンターの体験会やガジェット談義、交流会などを行いたいなぁ…と妄想しています。ガジェ速のノウハウやらをご紹介するイベントも開催できたらいいな…!と思っています。

faro004

屋上には本格的なキッチンを備える広大なバーベキュースペースが存在。こういった場所で読者さんとの交流イベントなども計画しております。

faro005

ちなみにコワーキングスペースも併設されているので、フリーランスの方・ノマドの方にも最適かもしれません。

office001

弊社オフィスはこんな感じ。こぢんまりとしたスペース。間もなくレビュー記事を書くであろう、バルミューダの加湿器RAINに喉が助けられています。全体的にナチュラルトーンにしつつ、ワーキングスペースは黒でキュッと。

office002

会議用デスクではあるものの、晩ご飯のコンビニ弁当やら出前弁当を食べるスペースになりつつあります。お客様が来たときだけ片付けるという仕様です。

office003

ガジェ速といえば動物は欠かせません。冬のテーマは弱肉強食のサバンナ。

さて、東京に拠点はあるものの遠隔ワーキングが基本です。Googleハングアウトを用いた会議を積極的に利用しつつ、各種作業はメッセージングアプリやグループウェアが主です。もちろん対面でないと進みにくい打ち合わせなどはオフィスを活用することも。寝る場所として使っている事も多く、11月は15日間、12月は20日間オフィスに寝袋で泊まりました。

office004

最初は床になにも敷かずにそのまま寝袋。翌朝が地獄であったことは言うまでもありません。

office005

人間は知恵を絞るものです。段ボールが翌日には加わりました。ちなみに上の段ボールは当時利用していたものとは違います。

office006

約1ヶ月半お世話になったのが「オレンジ神」と呼ばれるマット。このマットのおかげでそれなりに快適に眠れるようになりました。

office007

そして、クリスマスプレゼントとしてAmazonが運んできた(※自分で注文です)のがこちらのエアベッド。オレンジ神を超えた…。もはや快適すぎてオフィス住まいが捗ります。

このように、ベンチャーらしいことをしつつ、私達は常に堅実に事を運びたいと考えています。読者の皆様に真摯に、そして夢を達成したいのです。

世の中、上場ゴールだとかそういうのもありますが、私達が目指すところはそれよりも上。とはいえ、法人化しても従来通りのガジェット速報ですし、いままでと何も変わりません。ただ、以前よりも読者さんと触れ合う機会は増やしていきたいと考えています。

そんなガジェット速報ではありますが、2014年も何卒よろしくお願い申し上げます。

quelon_inc

[2013年の振り返り記事と管理人の想い]