米グーグル、車載Android実現でAudiやホンダなど6社で団体設立

米グーグルや主要自動車メーカー、チップセットメーカーなど6社からなる「Open Automotive Alliance(オープン・オートモーティブ・アライアンス / OAA)」が新たに結成されました。これは同団体が米国時間の6日に発表したもので、車載Androidの実現に向けて共同で事業を進めます。

現時点における参加メンバーは、グーグル、GM、Audi、ホンダ、ヒュンダイ自動車グループ(起亜含む)、NVIDIAの6社。純粋な自動車メーカーとしては4社が加盟しており、”ドイツ御三家” のAudiも車載Androidの実現に向けて舵を切ることになりました。

Open Automotive Alliance

車載Androidを端的に捉えると、「車載エンターテイメントシステム」をAndroidベースにしてしまおうというものです。もちろん単純にAndroidを載せるだけではなく、Androidではおなじみの “オープンな開発環境・プラットフォーム” を提供することで、技術革新のスピードを速めることが可能となります。

さらに、UIといった点でも車載ならではの「安全への取り組み」を踏まえており、すでに米国・運輸省道路交通安全局(NHTSA)と密な連携を図っているとのことです。”車載でアプリ” というと、第一に気になってしまうのが「よそ見運転」「注意散漫」ですが、そういった法規的な事情もアライアンスを組むことで突破しやすくなるといったことも考えられます。

NVIDIAも絡むというのが面白いところで、OAAに加盟しているAudiの比較的新しい車種にはTegra 3を搭載した「Tegra VCM」が採用されています。AudiはTegraを利用して車載エンターテイメントだけでなく、スピードメーターなどのデジタル描画も行っていますが、OAAではそれらの点については特に触れられていません。この辺りについては他の制御系と非常に密な連携が必要となるだけに、OAAはノータッチである可能性も考えられます。

しかし、OAAは「車自体をAndroid化する」といった旨を述べており、ガソリン残量や走行データなどの情報をAndroidを通じてユーザーが利用するといったシーンは十分にあり得るものです。

ライバルのアップルも、音声アシスタント「Siri」と自動車を連携させる「iOS in the Car」などの取り組みを行っており、自動車とスマートフォンの連携は2014年~2016年にかけて大きく前進するものとみられます。

なお、トヨタ自動車(レクサス)・BMW・メルセデスはそれぞれ独自の車載エンターテイメントシステム・テレマティクスサービスを展開しており、今後の動向に注目が集まります(※Audiも独自開発している)

[OAA] [THE VERGE]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます