米グーグルは16日(現地時間)、スマートコンタクトレンズを開発していることを明らかにしました。

Hand holding - zoomed in

Credit : Google Official Blog

コンタクトレンズは2層構造のソフトコンタクトにセンサーとチップ、そして無線通信用のアンテナを挟んだ構造となっています。

このコンタクトの目標は、糖尿病患者の負担軽減です。センサーが涙に含まれるグルコースを測定し、使用者(患者)の血糖値を監視してくれる機能を持っています。これまでの血液検査と比べると、その簡便さは言うまでもありません。また、コンタクトレンズにLEDを仕込むことで、使用者に直接視覚的に危険を報せることができるよう開発を続けているとのこと。

技術としてはまだ初期段階で、今回発表したものもあくまでプロトタイプですが、すでに複数の臨床試験を実施しており、近い将来の製品化に期待できます。またグーグルはすでにFDA(米国食品医薬品局)と認可に向けた話し合いを開いており、実用化に向けて着々と準備を進めているようです。

さて、今回新たなスマートコンタクトレンズを開発したのは、「Google X」と呼ばれる、グーグルの中でも最先端の技術を研究する部門です。そのメンバーの中には、スマートグラス計画の代表・Google Glass の発表当初からプロジェクトに関わってきたBabak Parviz 氏の名もあります。同氏はかつて、ワシントン大学で多機能コンタクトレンズの研究をしており、6年前にはLEDを敷き詰めたコンタクトレンズ型ディスプレイを試作しています。

そんな頼もしいメンバーが名を連ねるグーグルのスマートコンタクトレンズ計画、まずは医療用としてのスタートを切ることになります。しかし、そのうち多くの機能を搭載できるほどに技術が進歩すれば、「着けているのが気にならない」ウェアラブルデバイスが誕生するかもしれません。

[Engadget 日本版][Google Official Blog]