iPhone 6、手ぶれ補正のついた800万画素カメラを搭載か

台湾英字紙「The China Post」は9日(現地時間)、業界筋の観測として、米アップルの次期スマートフォン「iPhone 6」には光学式手ぶれ補正(OIS)のついた800万画素カメラを搭載すると報じています。

情報によれば、これまで噂されてきたような高画素化は見送られるとのこと。

iPhone 6

スマートフォンメーカー各社がカメラの高画素化に身を乗り出す中、アップルは別の路線で端末スペックの向上を図るようです。

昨年発売されたiPhone 5sでは、カメラのセンサーサイズが大きくなりレンズが広くなったほか、他社にはみられない “デュアルフラッシュ” 機能の搭載で話題になりました。また、スローモーション撮影にも対応し、アップルは「モバイル」として、カメラの使い勝手・楽しさ向上を重視していることがわかります。

iPhone 6は大画面化され、5インチ級になるとの見方がすでに大勢を占めています。端末デザインも大幅に変更されるものとみられますが、カメラを含めた細かい仕様は果たしてどうなるのでしょうか。

[THE CHINA POST via BGR]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます