レノボの本気!Win8.1搭載タブレット「ThinkPad 8」正式発表

レノボは5日(米国時間)、ラスベガスで開催中のCES 2014に合わせて、新型タブレット「ThinkPad 8」を正式発表しました。このタブレットはプロセッサに最大2.4GHz駆動のAtom Z3770、OSにWindows 8.1を採用しています。今流行の “艦隊ゲーム” も動作するとみられており、従来のWindowsソフトウェア資産も(タッチパネル操作ではあるが)動かすことが可能です。

thinkpad8

Credit : Lenovo

価格はWi-Fi専用モデルが429ドル(約4万4800円)から。3GとLTEに対応するモデルもラインナップされています。発売時期は1月下旬からで、発売地域については今のところ不明です。なお、日本においてはタブレット端末「Miix 2 8」が投入されており、その流れを踏まえればThinkPad 8タブレットも販売されるとみられていますが、全ては日本法人次第。

ThinkPad 8の大きな特徴としては『高スペックなのに比較的安価である』という点。8.3インチの液晶ディスプレイは1920×1200ドット表示に対応(272ppi)。前述のとおり、プロセッサには性能に定評のある「Bay trail-T」世代のAtom Z3770を採用しているので、Windowsアプリケーションの動作に不満が出ることは概ね無いものと思われます。

Thinkpad-8-Wifi-Win-8-05Thinkpad-8-Wifi-Win-8-07

RAM容量は2GB、内蔵ストレージは最大128GB(32/64/128展開)。ビジネス用途として位置付けられていることから、内蔵ストレージの点でも圧倒的といっても過言ではありません。背面カメラは約800万画素、前面カメラは約200万画素。

バッテリー駆動時間は最大8時間。本体サイズは224.3(W)×132(H)×8.8(D)、重さはWi-Fiモデルが430g、LTE対応モデルが439g。Mix 2 8と比較するとやや重くなっているものの、液晶ディスプレイなどのスペックと相殺といったところでしょうか。

オプション品として「Quickshot Cover」が販売され、カバー開閉に合わせたスリープON/OFFにも対応。面白いのはそれだけでなく、背面カメラの部分だけカバーが一部開閉できるような仕組みになっており、その部分を開くとカメラが自動起動します。海外ユーザーではタブレットを観光地に持ち込んでカメラ端末として利用することも多いだけに、しっかりと需要に応えたオプション製品です。

Thinkpad-8-Wifi-Win-8-02

ボディにはアルミ素材を採用しており、ノートPCシリーズ「ThinkPad」でも特徴的な黒を基調としたデザイン。アクセントの赤が背面カメラ周りに取り入れられており、右上には「ThinkPad」のロゴがしっかりと刻まれています。個人的には、質感とデザインの点を踏まえても非常に気になる商品です。

約1年前に発売した製品には「ThinkPad “Tablet”」の名称が採用されていましたが、今回の端末からは「Tablet」の文字が消え、完全なThinkPadとなりました。その点においても商品コンセプトが垣間見られ、レノボが新しいThinkPadのカタチを披露したようにも見受けられます。

まさにWindows 8.1搭載タブレットの大本命といっても過言ではないだけに、早期の日本発売が期待されます。

[Neowin][Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます