米グーグル、Moto Gグーグルエディションを発表 ―179ドル※

米グーグルは14日(米国時間)、Google Playにおいて、モトローラ製スマートフォン「Moto G」のグーグルエディション版の販売を開始しました。価格は179ドル(約1万9000円)。

なお、お決まりの通り “おま国” 状態であるため、日本では購入ができません。

moto-g-google-edition

Moto Gは、スペックをミドルスペックに抑え、低価格路線で話題になった端末です。画面は4.5インチの1280×720ドットディスプレイで、CPUには米クアルコムの「Snapdragon 400」を搭載。内蔵ストレージは8GBです。

このようにハイスペックとは言えない端末ではありますが、OSには最新版の「Android 4.4 KitKat」が搭載されています。

“グーグルエディション” 端末はNexusに近い素のAndroidを搭載しており、アップデートも比較的優先して行われるのが特徴です。一方で、グーグルエディションとなるスマートフォンはハイスペックな端末がほとんどで、Moto Gのような低価格端末は珍しく、2台目、あるいは開発用として有用なものになりそうです。

そのような用途を考えれば、「ハイスペックなものしか売れない」と言われる日本でも一定の需要は見込めそうだと個人的には思うのですが、どうやら今回も販売は見送られそうです。ガジェッターとしては残念なばかり。

[Google Play via THE VERGE]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます