Nexusが消える…2015年にGoogle Editionが代替に ―ロシア在住Murtazin氏

弊サイトでもすっかりおなじみになりつつある、ロシア在住のEldar Murtazin氏。今回新たに、自身のツイッターで衝撃的な情報をつぶやいています。

同氏によると、グーグルのリファレンスAndroid端末「Nexus」の名は2015年に廃止され、その役割は「Google Play Edition」が担うようになるとのこと。

Play Editionといえば、各メーカーの独自機能を削除し、スタンダードなAndroid端末として設計し直したスマートフォン群。サムスンのGalaxy S4やソニーのXperia Z Ultra、HTC Oneなどがそのラインナップに添えられています。なお、日本においてはいずれも発売されていません。

最近やっと日本でも手に入り易くなったNexusシリーズですが、1年後には消えているかもしれません。これには様々な理由が考えられますが、第一に「Nexus製造メーカーの負担が大きい」ということが考えられます。例えば、Nexus 5を製造するLGがNexus 5の増産を拒否したとの噂も一時流れたほど。

Nexus端末は、スタンダードであるということ以上に、安いことが大きな訴求材料になっています。逆に言えば、その過剰な安さは製造メーカーや、ライバルメーカーに負担がかかることに他なりません。その状況を打開し、よりオープンな環境をAndroidで実現するために、グーグルはNexusを廃止するということかもしれません。

今回の情報が正しいとすれば、1ユーザーとしては、正直残念なところ。安価な端末が手に入り難くなる可能性があるだけでなく、日本の場合はまたもや “おま国” が発生する可能性すらあります。Play Editionにも魅力があるのは確かですが、その値段や販売体系が変化しないと、日本のユーザーにとってはひたすら損という結果に終りそうです。

[Eldar Murtazin(Twitter)]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます