これはすごい!パナソニック、ウェアラブル4Kカメラを今年後半に発売へ

パナソニックは未明、米国ラスベガスで開催中の世界最大の家電見本市「CES」の中で、4K対応のウェアラブル一人称カメラを発表しました。価格は明らかにされていませんが、今年後半には発売される見通し。

発表されたのはプロトタイプであるため、仕様の詳細は発表されていませんが、機能としては4K動画の撮影や、mini-HDMIポートを通した映像の視聴が行えるとのこと。そしてなによりの特長が、カメラを耳にかけてハンズフリーで利用できるという点。コントローラーは別途ケーブルでつながれており、そこから各種操作が可能です。

panasonic-4k-wearable-camera-2

Credit:Engadget

どのくらい長く録画できるのか、また価格はどうなるのか、詳細な仕様も気になるところではありますが、同製品は実に実用的。個人的には(GGSOKU的には?)、CESといったイベントでの各種取材で有効に使うことができそうです。

個人レベルでも、両手が空いた状態で録画ができるのは大きなメリットになりそうです。子供と遊びながら動画を撮影するような用途も考えられ、簡単に思い出を残すことができそうです。

[Engadget英語版 via リンゲルブルーメン]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます