ソニーが12日(米国時間)に公開した、「エンジニアとアーティストの融合」を表現したCMが米国で話題になっています。

このCMは、全米で最も輝いた映画やテレビドラマに対して与えられる『第71回ゴールデングローブ賞』の中継において流されたもの。ソニー創業者の井深大氏や盛田昭夫氏を彷彿とさせる日本人技術者が冒頭に登場し、「ソニーが過去にリリースしてきた製品が、いかにアーティストに影響を与えたか」といったストーリーから始まります。

sony_new_ad

最初はウォークマンとヘッドフォン。飛行機の中でも楽曲を聴けるようになった80年台初頭が描かれた後に、それと対比するように、VAIO FitがDJシーンにおいて新たなインスピレーションをもたらしている描画に変わります。

sony_new_ad_01

どのシーンにも、ソニーおなじみの「作業着」を着用したエンジニアが登場し、活躍するアーティストの傍らにはエンジニアの存在があること(あったこと)を暗に示しています。

その後はソニーが繰り出す最新機器が続々と登場し、映画の撮影現場におけるCineAltaや、音響スタジオ機器がクローズアップされ、昨今の映像・音楽業界ではソニー製機器が必要不可欠であることが表現されています。

be_moved

最近のデジタル機器といえば、BtoCばかりがクローズアップされがちですが、その影には確かな技術力と長年の経験が息づく「プロユース機器」の存在が欠かせません。まさにエンジニア回帰とも捉えられるこのCMに対する米国ユーザーの評価は高く、「BE MOVED」の原動力が丁寧に表現されています。

日本でもこのようなCMが流れる機会があれば、ソニーに対するイメージ刷新が図られる絶好の機会になる一方で、1分30秒という長さがネックになりそうです。加えて、全国民が注目する芸術系の祭典・テレビ中継が存在しないこともあり、こういったメッセージ性のあるCMが流しにくい市場であるのかもしれません。

[YouTube] [THE VERGE]