ソニー、次期スマートフォン「Sirius」を2月ごろに発表か

リーク情報に定評のあるevleaks氏は7日、ソニーが次期フラグシップスマートフォン「Sirius」を2月に開催されるMWCで発表すると伝えています。

情報によれば、同端末は5.2インチのディスプレイのほか、プロセッサにはクロック強化版Snapdoragon 800である「MSM8974AB」が搭載されるとしています。米国ではVerizonからリリースされるとのこと。

xperia z1

Xperia Z1 Credit:ソニーモバイル

今回の情報が正しければ、現行のフラグシップスマートフォン「Xperia Z1」の5.0インチに比べて若干大きくなることがわかります。ただし、ソニーの端末はベゼルが比較的広いため、それが改善されれば、今回伝えられた次世代機の端末サイズはあまり変わらない可能性もありそうです。

これまでの情報では、同端末はXperia Z1と似たようなデザインでリリースされ、各所のスペックアップがなされると伝えられています。RAM容量の増加やAndroid 4.4の採用、さらにIGZOディスプレイの搭載も噂されています。

日本でも春モデルとして発売される予定で、早期の発売が期待されます。

[evleaks(Twitter)]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます