ソニーモバイルは6日(現地時間)、新しいウェアラブル構想「SmartWear Experience」を発表し、サービスの一環としてライフログアプリケーション「Lifelog」と、ライフログを取得するためのデバイス「Core」を発表しました。

 

Credit:SONY

動画では、ただの活動量計と専用の健康アプリのように伺えますが、内容を聞くと興味深いサービスのため、以下に詳しく解説します。

ウェアラブルデバイスの隆盛

昨今、スマートフォン市場は隆盛を極めつつあり、それに伴って小型端末に関する技術は驚くほど進化しました。その恩恵を受けたジャンルのひとつがウェアラブルです。 “コンピュータを身にまとう” というシステムはその特性からコンパクトであることを常に求められており、小型化技術の発展した今こそ、正にウェアラブル躍進の時期に来たといっても過言ではありません。

 wearable

GoogleやSamsung、NIKEなど各社は、様々な形でウェアラブルデバイスとそれに付随するサービスを展開しています。例えばGoogleはウェアラブルデバイスとして「Google Glass」を、サービスとして「Google Now」を展開しています。

Google Nowは、GlassやAndroidスマートフォンから取得したデータを基に、ユーザーの趣味や習慣等を読み取り、情報を提供する画期的なサービスであり、次世代のユーザーエクスペリエンスとして最も期待されているものの一つです。

今回発表されたLifelogとCoreの関係は、このGoogleのサービスに近いものとなっています。

ソニーのウェアラブル

ソニーはスマートウォッチをいち早く発売するなど、ウェアラブル端末に力をいれている企業のひとつであり、他にも「アクションカム」や「ヘッドマウントディスプレイ」などの身に着けるデバイスを多く販売しています。

SmartWatch_PP_Front40

 このように “ハードウェア” の分野においては、様々な製品をリリースしているソニーですが、今まではそれらをまとめる “ソフトウェア” に欠ける所もありました。

そんな中発表されたのが今回の主題 “SmartWear Experience” です。

これは、ネットワークにつながる様々なデバイスからデータを取得することで、 “最高の体験” をユーザーに提供するもので、本日はそのサービスのひとつとして、(現時点において)Android用アプリ “Lifelog” と、ウェアラブルデバイス “Core” が発表されました。

Core

core

Coreはいくつかの機能を備えた、ソニー史上最も小さい情報端末です。Coreは用途にあったカバーを装着することで様々な使い方が可能になります。本日の発表ではリストバンドとして利用することができる「SmartBand SWR10」が紹介されました。

smartband

Coreの特徴は以下の通りです。

・バイブレーション搭載
・サイドキー(「Life Bookmark Key」)搭載
・サイドに通知用LED搭載
・防水
・5日間以上持つ程度のバッテリー
・USB microコネクタ搭載
・NFC対応
・Bluetooth通信対応

また、ほぼ全ての活動量計は歩数などの計測に加速度センサを用いていることからCoreにも搭載されていることが推測されます。

このようにコンパクトながら多機能なCoreでは、スマートフォンとバイブレーション機能を連携させることで、着信の通知や目覚ましに用いることができます。また、次に紹介するアプリ “Lifelog” と合わせて様々なデータを取得することができます。

Lifelog

 lifelog

このアプリケーションでは、Coreから送信された情報とスマートフォンで取得した情報を元に、ユーザーの行動を記録することができます。

記録する情報として以下のものが挙げられます。

・消費カロリー
・歩数
・移動時間(歩行、走行、自転車、車など)
・GPS情報
・Life Bookmark Keyを押した時間
・写真撮影した瞬間や音楽を再生した時間

 Lifelogでは、これらの情報を元にユーザーの体調管理を行ったり、記録を蓄積することで日記代わりにすることができます。また、いつ、どこで写真を撮影したか、どのようなコンテンツを楽しんだかという、一見意味の無い情報を時系列に沿って記録してくことで、新たなサービスへとつなげることも考えられています。

SmartWearExperience

 この様に、ただの健康管理用のライフログとしてではなく、日々の行動全てを記録する、一歩進んだ新しいサービスとして開発されたアプリケーションがLifelogです。

ソニーの狙いは

 今回のソニーのSmartWear構想は、開発キットやサービスの仕様を提供することで、車や家電製品、スポーツウェアといった他社の様々な製品を巻き込むことを考えており、さらに自社で提供する「Sony Entertainment Network」などと連携させることも考慮に入れた、枠にとらわれない大きな構想になっています。

似たような構想を持つGoogleなどに対してソニーはすでに、カメラや時計、テレビなど多機種に渡って連携できそうな自社製品を展開しています。ひとまずはそれらの製品をどの様にしてサービスと連携させていくか、という点に注目するべきだと筆者は考えています。

はたして、この大きな「One Sony」がどうなっていくのか非常に気になるところですが、詳細は2月下旬に開催されるMWC2014で発表されるとのことですので、それまで楽しみに待ちたいと思います。

[SonyMobile][Yahoo!ニュース]