雑誌を開いたような独特な形のBluetoothキーボード「TrewGrip」

CES2014にて、まるで開いた雑誌を両手で持つようにしてタイピング操作することができる独特な形状のBluetoothキーボード「TrewGrip」が展示されています。

TrewGripは両手でホールドし易いように、丸みを帯びて左右に開いた形状になっており、デバイスの中央の窪みはモバイル端末を設置するスペースになっています。また、グリップ部分の背面に文字入力用のキーボードを備えているため、 ”立ったり、歩いたり、寝ころんだ状態” で文字入力を行うことができます。

一見、正面からは隠れてわかり難いキーですが、よく使う「タブ」「エンター」「スペース」「バックスペース」などは正面に配置されており、その他のキーも ”QWERTY配列” を左右に分けたような形になっているため、いつものキーポジションと同じ感覚で打つことができるようです。また、背面のキーを叩いた時に正面のLEDを点灯させることで、叩いたキーが確認できるようになっているとのこと。

TrewGrip

2014年下半期の発売を予定しており、価格は250ドル(2万6000円)前後になるとしています。

やや発想が奇抜で実用性に疑問を感じるデバイスですが、タッチパネル端末のソフトウェアキーには、 ”指が画面に重なってしまうこと”“ブラインドタッチが実質的に不可能” という欠点があります。重さやサイズなどのデメリットはもちろんありますが、個人的には意外とアリなんじゃないかと思います。

[PCmag via Juggly][公式]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます