米マイクロソフト、Windows 9を2015年4月にリリースする計画か

マイクロソフト系の情報を専門に扱うPaul Thurrott氏が自身のWEBサイト上に掲載した情報によると、米マイクロソフトが2015年4月にも「Windows 9」をリリースする計画であるとのことです。

この計画については、今年4月頃に開催が予定されるマイクロソフトの開発者会議「BUILD 2014」で発表される見込みであり、ラピッドリリースサイクルを採用してからは初となる大型アップデートとなります。

マイクロソフトはWindows 8(8.1)から毎年のようにアップデートをする「ラピッドリリース(高速リリース)」を採用しています。これは、タブレットやスマートフォンなどの進化が著しく、従来の『PC』を主体としたリリース計画では市場の流れや顧客の要望に応えられないことを踏まえたものです。実際、Windows 8.1が導入されてからはWindows 8.xに対する評判も(ネットの反応を見る限りでは)上々であり、調査会社Net Applicationsの最新結果ではシェアが10%を突破したとも伝えられています。

surface2_front

Atomプロセッサの好調ぶりに押されて「2in1」的な端末が多数登場していますが、プロセッサの性能向上や安価な通信モジュールの登場で、タブレットPCとノートPCの垣根はより一層曖昧になるとみられており、Windows 9も当然のようにそのような需要に応えた機能を有しているものと思われます。

一部報道では、Windows PhoneとWindows RTシリーズを統合するとも伝えられており、AndroidやiOSのようにタブレット端末とスマートフォン向けのOSが統一される可能性もあります。Windows Phone 8からは、OSの心臓部ともいえるカーネルにNTカーネルが採用されるなど、段階を踏んだ移行の兆候がみられるだけに、今後どのような進化をとげるのか開発者・ユーザーの双方から注目が集まります。

[THE VERGE] [Net Applications調査]

ソーシャルシェア

著者

管理人

管理人

サイト管理をしています。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます