Windows Phoneの売上げ、24カ国でiPhoneを超える ―MS公式談

米マイクロソフトのコミュニケーションディレクターを務めるChristoper Flores氏は、WEBメディア「TechReader」のインタビューに対して、世界24カ国においてWindows Phoneの売上げがiPhoneを超えたことを明らかにしました。具体的な国名は明らかにされませんでしたが、その24カ国は新興国であるとのことです。

Lumia-1520

同氏によると、ローエンドとハイエンドの両端を狙う戦略が功を奏したとしており、今後も、買収したノキア携帯部門を通じてマーケティングを積極的に図っていくとしています。さらに同氏は、世界14カ国の市場で第2位のシェアを堅持していることを明らかにし、市場単位で見ていくとWindows Phoneが躍進している事が明らかになりました。

Firefox OSやTizenなどの “第四極勢力” が勢いを見せる中、ローエンドとハイエンドの双方で伸びを見せているというニュースは、Windows Phone好きの方にとっては朗報といえるかもしれません。

2014年からは、いよいよ日本でもWindows Phoneが本格投入されるとされており、その筆頭メーカーとしてソニーモバイル製の端末が挙がっています(過去記事)。マイクロソフトによるノキア携帯部門の買収によって、Lumiaシリーズが日本に上陸することも十分に考えられるため、長らくWindows Phoneの本格投入を待っていたユーザーにとっては盛り上がりの1年となりそうです。

[TechReader]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます