米アップル、iOS8に新アプリ「Healthbook」を追加か —健康をモニタリング

Apple Insiderは31日(現地時間)、計画に詳しい人の話として、米アップルが次世代モバイルOS「iOS8」に「Healthbook」という新しいアプリケーションを追加するだろうと伝えています。

motion-130911

情報によると、Healthbookは自分の健康をモニタリングできるアプリで、血圧や心拍数、血糖値などを測定して管理することができるとのこと。また、この測定のために、長らく噂されている「iWatch」を含む新たなウェアラブルデバイスがリリースされるだろうとしています。

アップルは先日、医療テクノロジー分野で有名な “米マシモ社” のCMO(最高医務責任者)と医務部門上級副社長を努めていたマイケル・オライリー氏を新たに雇用したと伝えられており、おそらく同氏が中心となってこのアプリケーションの開発に着手しているものと思われます。

Healthbookは、先述した数値測定機能の他に、薬を服用する際などに便利な「リマインダー」や「カレンダー」といった機能があるとのこと。また、フィットネスの管理をする機能もあり、日頃の摂取カロリーや体重変化などを記録してくれるとしています。

iphone5s_hero

「iPhone 5s」に搭載されているM7コプロセッサは、体の動きや移動距離などをほぼ正確に測定することができるとされていますが、どうやら次世代のiOSデバイスでは、更に身体測定機能が搭載されるようです。

なお、このHealthbookの噂を裏付けるかのように、昨年12月にはオライリー氏の他、アップルのオペレーション部門上級副社長のジェフ・ウィリアムズ氏、ソフトウェア・テクノロジー担当副社長のバド・トリブル氏と政府関係者らがFDA(アメリカ食品医薬品局)を訪問し協議を交わしたとニューヨークタイムズ紙により報じられています。

これら測定機能が搭載されるのはおそらくウェアラブル端末で、皮膚から伝わる身体情報をBluetoothなどでiPhoneに送信し、Healthbookで管理するという設計になるとみられます。

長らく噂され、一時はその開発が頓挫したとも囁かれたiWatchですが、健康管理機能をプッシュしたデバイスとして近々お目見えすることになるかもしれません。もちろん、この機能を果たす端末がiWatchではない可能性も否定はできません。

ウェアラブル端末で血液を検査し、身体を監視するというこの試み。ダイエットしたい方や専門的に自己管理をしたい人には嬉しい機能になりそうです。

[Apple Insider]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます