米アップルの腕時計端末iWatchは、今年後半に登場か ―フレキシブル有機EL搭載

9TO5Macは19日(現地時間)、中国紙China Times経由の情報として、米アップルが開発中の腕時計型端末「iWatch」にはフレキシブル有機ELディスプレイが搭載されると伝えています。また、DigiTimesによれば、台湾のタッチパネルメーカー「TPK」がiWatch用の部品を2014年後半に量産するとしています。

iWatch非公式コンセプト Credit:DESIGNERei

iWatch非公式コンセプト Credit:DESIGNERei

今年中には発売するだろうと予想されているiWatchですが、やはりフレキシブル・AMOLEDを搭載するのでしょうか。保護ガラスには3Dゴリラガラス、あるいはサファイアガラスが採用されるという噂がありますが、果たして真相は如何に。また、太陽光発電やワイヤレス充電は搭載されるのでしょうか。

使い道としては、医療向け・健康指向の機能がウリになるとこれまでに伝えられています。アップルがその道の専門家を続々起用しているとの情報もあり、ウェアラブルデバイスはまず、”健康” で開拓を始めるのかもしれません。

腕時計型端末としては最も注目を集めるiWatch。個人的にもその動向には注目していますが、アップルにとっては久々の新カテゴリー製品であるだけに、実際の訴求力がどこまで発揮されるのかは気になるところ。カッコいい、便利な製品が望まれます。

[DigiTimes] [China Times via 9TO5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます