サムスン、「Galaxy Gear 2」と「Galaxy Tab 4」も今月発表か

ZDNetは13日(現地時間)、韓国サムスンが次期フラグシップフォン「Galaxy S5」と共に、「Galaxy Gear 2」と「Galaxy Tab 4」もMWC 2014に合わせて今月中に発表するであろうと伝えています。

samsung-galaxy-tab-2-10.1 SswGc2WH1H7dUUzkJzCN

ZDNetによると、Galaxy Gear 2には、湾曲したフレキシブルAMOLED(有機EL)ディスプレイが採用され、昨年発表されたものからデザインが大幅に変更されるとのこと。

初代「Galaxy Gear」では、Galaxy Sシリーズにも搭載されている「Super AMOLED」ディスプレイが採用されましたが、高価格になってしまったこともあり、市場の反応は冷ややかなものとなりました。サムスンは、不評であった価格面やデザイン面などをGalaxy Gear 2で改良し、まだ未開拓とも言えるウェアラブル端末市場での成長を模索するようです。

昨年9月のIFA 2013で発表されたGalaxy Gear

昨年9月のIFA 2013で発表されたGalaxy Gear

同じくMWC 2014で発表されるとみられているGalaxy Tab 4は、前世代と同様に、7インチ・8インチ・10.1インチの3機種が投入される見込みです。全機種ともにAndroid 4.4 Kitkat、1.2GHzのクアッドコアプロセッサ、6,800mAh容量のバッテリーを搭載していると伝えられていますが、「Galaxy Tab 3」では、画面サイズの違いから3つのモデルでそれぞれスペックが異なっているため、当然ながらGalaxy Tab 4でも画面サイズが大きいほど高スペックになるものと予想されます。

今回のMWC 2014で最も注目されている端末といえばGalaxy S5ですが、サムスンは今年、タブレット端末に最も注力すると伝えられており、8〜13インチ級の複数のタブレット端末の投入を計画しているとされています(過去記事)。

サムスンが得意としている有機ELディスプレイを搭載したタブレットは、他社の端末と比べて価格が高くなってしまうという欠点があり、低価格競争が起こりつつあるタブレット市場においては苦境に立たされている状況です。

おそらくサムスンは、このGalaxy Tab 4でひとまず市場の反応を窺い、その後、複数のタブレット端末を投入し、有機ELディスプレイのプレミアに加え価格競争にも対抗していくという算段があるようです。

Galaxy S5とGalaxy Gear 2、そしてサムスンの今後を左右するかもしれないGalaxy Tab 4は、今月24日にも発表される見込みです。

[ZDNet via CNET英語版]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます