スマートフォン開発者コミュニティ「XDA」のフォーラムに、台湾HTCの次期フラグシップスマートフォン「HTC M8(HTC One 2)」のレンダリング画像が掲載されています。

htcm8

画像は先日フランス語サイトNowhereelseに掲載された実機画像などをもとにつくられたもの。端末は、HTC Oneのデザインを継承しつつもオンスクリーンキーを搭載。さらに特徴的なのがカメラで、デュアルセンサーを搭載していることがみてとれるほか、iPhone5sのようなデュアルLEDフラッシュが搭載されていることがわかります。

HTC-One-2-M8-DualHTC-ONE-2-M8-Screen

Credit:Nowhereelse

最近のHTC端末の特長として、暗所に強いとされる「Ultrapixel Camera」があげられますが、今回のHTC One 2はさらなるカメラ強化が行われる模様です。それも、他社の高画素化などといった路線とは別の方向であることは間違いなさそうですが、果たしてどんな使い勝手が実現されるのでしょうか。

HTC Oneで、一部の層には不評を買ったハードキーもその反省を活かしてか、ソフトウェアキーへ転換する方針であるようです。

なお、これまでの情報によれば、ハードウェアスペックは現行のフラグシップ機とほぼ同等のものになるとのこと。発売するころには他社より一段階落としたスペックとなりそうですが、その分価格は安くなるかもしれません。OSは、最新のAndroid 4.4 KitKatが搭載されるとしています。

既報の通りHTCは財政危機で、2014第1四半期(1月~3月)も最終赤字の見通しです。そこからの脱出を図るため、ロー~ミドルスペックのスマートフォンに今後は注力するとの見方も出ていますが、今回のHTC One 2はミドルとハイの中間に位置する端末。「スペックはこれ以上いらない」という層も多く出てきているため、そこに訴求できるかどうかが一つのポイントになりそうですが、復活を果たすことができるのか、注目です。

[XDA via PhoneArena]

2014/02/12 12:05 JST
初稿時、当記事初めに掲載している画像を「リークされたプレス向け画像」として御紹介致しましたが、実際は「リーク情報をもとにつくられたレンダリング画像」の間違いでした。
お詫び致しますと共に訂正させて頂きます。