「LG G Pro 2」は強化された光学式手振れ補正「OIS Plus」を搭載 ―4K動画録画にも対応

韓国LGは4日(現地時間)、同社公式ブログ上で今月発表を予告している次期フラグシップスマートフォン「G Pro 2」に強化された光学式手振れ補正機能「OIS Plus」を搭載することを明らかにしました。

LG-G-Pro-2-possible-photo

LG G Pro 2の背面とされるリーク画像

OIS Plusは、LGが独自に開発した光学式手振れ補正機能で、ハードウェア的な観点であるOISに、ソフトウェア的な観点の「Electro Image System(EIS)」を加えたものであるといいます。写真を撮影する瞬間はOISが手ぶれを補正し、撮影後にEISで再度写真のブレを補正してより鮮明な写真に仕上げてくれるようです。

LGは、「LG G2」にもOIS機能を搭載していますが、OIS Plusではさらに大幅に向上した補正機能が期待できそうです。端末の発表前に情報を明かすという他の企業ではなかなか見られない対応ですが、LGは同公式ブログ上でさらにカメラ機能の詳細を明らかにしています。

その情報によると、「LG G Pro 2」はリアカメラが約1300万画素に、フロントカメラは約210万画素になり、さらに4K(3840×2160)動画の撮影が可能になるとしています。すでにリリースされている4K動画録画に対応しているスマートフォンにはAcerの「Liquid S2」がありますが、対応している端末はまだほとんどありません。

また、非公式な情報ながら、LG G Pro 2は、6インチで、Android 4.4 KitKat、3GBのRAMを搭載していると伝えられており、形状は曲面ではありませんが「LG G Flex」に似たものとなるようです。

スマートフォンに搭載されるカメラは、まさに日を追うごとに進化していますが、今年はついに4K動画撮影がスタンダードとなる年になるのでしょうか。

[LG via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます