米グーグル、8インチ「Nexus 8」 4月末に発売へ ―台湾筋

台湾のハイテクメディアDigiTimesは7日(現地時間)、台湾のサプライチェーン(部品供給網)からの情報として、米グーグルが8インチのディスプレイを備えた「Nexus 8」を4月末に発売すると報じています。製造元はNexus 7シリーズと同様にASUSが担当する可能性が高いとされていますが、今のところ確定する情報は出ていません。

グーグルが8インチタブレット市場に参入する理由の一つに「7インチ市場の過度な過熱」が挙げられています。

米アップルが発売する9.7インチのiPadに対抗する形で、韓国サムスンをはじめとしたメーカーが「7インチがちょうどいい」といった売り方を展開しましたが、結果的に多数のメーカーが7インチ市場に参入することになり、利益が上げにくい状況に陥っています。

Nexus-7-white

Credit : Google Inc. 画像はNexus 7 2013

しかしながら一方で、ディスプレイの高精細さと安定供給のバランスを考慮した結果として8インチサイズになったとする見方も存在しており、今現在ではその理由は定かではありません。

仮に高精細ディスプレイを搭載した8インチタブレットとなると、2560×1600ドット表示に対応するといったことが考えられますが、グーグルがどのような理由で8インチに参入するのか気になるところではあります。

[DigiTimes]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます