[更新:詳細スペック]速報:ノキア、同社初のAndroidスマートフォン「Nokia X」正式発表

ノキアは24日(現地時間)、現在スペイン・バルセロナで開催されているMWCの中で、同社初のAndroidスマートフォン「Nokia X」と「Nokia X+」を正式発表した。

nokia-x

ホーム画面はまるでWindows Phoneのようになっており、タイル式のデザインに。

nokia-x-1

フォルダの作成にも対応。

nokia-x-2

アプリは用意された「Nokia ストア」でダウンロード。SkypeやOutlookアプリなど、マイクロソフトのサービスを中心に利用できる。Google Playストアは利用できないが、Androidのアプリであれば、システム的にはどのアプリでも利用可能であるとしている。

nokia-x-3

値段は安価におさえられており、Nokia Xが89ユーロ(約1万2500円)、Nokia X+が99ユーロ(約1万3900円)。ディスプレイの解像度はWVGA(800×480ドット)で、プロセッサには1GHz駆動のデュアルコア・Snapdragonを採用。RAMはNokiaXが512MB、X+が768MB、バッテリーは1500mAhで、低価格・ロースペック端末になる。

nokia-x-4 nokia-x-5

さらに、5インチの大型画面を有する「Nokia XL」も発表された。こちらは109ユーロ(約1万5300円)。約500万画素のメインカメラ、約200万画素のサブカメラを搭載する。

なお、Nokia Xシリーズ購入者には、一ヶ月Skypeによる通話が無料でできる権利と、マイクロソフトのクラウドサービス「OneDrive」の容量1GBがプレゼントされる。

同シリーズは、米マイクロソフトのサービスを中心に据えながら、大量にあるAndroidアプリを利用できるようにする、というところにコンセプトがあるようだ。

[THE VERGE] [BGR]

追記:詳細なスペックが判明しましたので、以下に追記致します。

Nokia X Nokia X+ Nokia XL
ディスプレイ 4インチLCDディスプレイ
WVGA(800×480ドット)
同左 5インチLCDディスプレイ
WVGA(800×480ドット)
画素密度 233ppi 233ppi 187ppi
プロセッサ クアルコム Snapdragon S4
1GHz駆動 デュアルコア
同左 同左
RAM 512MB 786MB 786MB
内蔵ストレージ 4GB 同左 同左
外部ストレージ MicroSDカード(最大32GB) 同左 同左
カメラ メイン:約300万画素 メイン:約300万画素 メイン:約500万画素
サブ:約200万画素
バッテリー 1500mAh 1500mAh 2000mAh
インターフェース Dual SIM
Bluetooth 3.0+HS
Wi-FI 802.11 b/g/n
Micro USB
同左 同左
サイズ 115.5(H)×63(W)×10.4(T)mm 115.5(H)×63(W)×10.4(T)mm 141.4(H)×77.7(W)×10.9(T)mm
カラー ブラック、ブルー、グリーン
レッド、ホワイト、イエロー
ブラック、ブルー、グリーン
レッド、ホワイト、イエロー
ブラック、ブルー、グリーン
レッド、ホワイト、イエロー

[Android Authority]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます