Windows 8.1、今春の大型アップデートを正式発表 ―マウスユーザーにさらに配慮へ

米マイクロソフトは23日(現地時間)、MWCに先駆けて行ったプレスカンファレンスの中で、Windows 8.1に対する大型アップデートをこの春に提供すると発表しました。このアップデートの正式名称は不明です。

windows-8-1-up

Credit : engadget

主な改良点は、マウス・キーボードユーザーに向けた、さらなる使いやすさの向上です。発表の中では、「スタートメニュー」における検索ボタンと電源ボタンや右クリックメニュー、(いわゆる)モダンアプリ向けのタイトルバーの登場が予告されました。

win81update1560px

以前リークしたWindows 8.1(Update)のスタートメニュー。

Joe Belfiore氏は同時に更新したブログの中で、「Don’t worry, we still LOVE and BELIEVE IN touch…<大丈夫、今もちゃんとタッチを愛しているし、(その力を)信じているよ…>」と書き込んでおり、Windows 8は今後もタッチデバイス向けに力を注いでいくことを付け加えています。

また、より低価格なWindowsマシンを実現するため、ロースペックでも軽快に動作するように改善したとのことで、1GBのRAM・16GBのストレージがあればWindows 8.1を動作させられるようになる見通しです。

Windows 8でタッチ寄りにUIを改変しすぎたことがユーザーの批判を呼ぶ結果となり、マイクロソフトはWindows 8.1でマウス・キーボードでも使いやすいよう「スタート」ボタンを復活させるなど、様々な改良を加えました。次期アップデートではこれをさらに突き進めることで、従来からの愛用者(とくに業務向け)にマイクロソフトがさらなる配慮を示す格好になります。

Windows 8の(当初の)理想は、我々にとって「未来を行きすぎた」ものでした。しかし、マイクロソフトはユーザーの現実を見て「現代に帰って」来てくれているように感じます。筆者個人はこれまでもWindows 8を好意的に捉えていましたが、このようなアップデートを通じてさらに使いやすくなるのは誰にとっても大歓迎なのではないかと思います。

訂正:2014/02/24 01:18 JST

アップデートによる改良点の部分において、当初「モダンアプリ内に右クリックメニューが導入される」との表記がありましたが、実際はそのような発表はありませんでした。大変失礼いたしました。訂正させていただきます。

 

[The Verge via 気になる、記になる…][Windows Phone Blog][WZor.Net]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます