WindowsPhoneとWindows両対応のアプリ登場へ ―OS統合の噂に拍車

Twitterユーザーの@AngelWZR氏がリークした資料によると、米マイクロソフトが、Windows PhoneとWindows向けアプリの統合(ユニバーサル化)に向けて動いていることが明らかになりました。

既報では、Windows部門を率いるジュリー・ラーソン=グリーン氏が『Windowsプラットフォームの削減』を表明しており、Windows RTがWindows Phoneに統合されるのではないかと見られています。

windows-universal-store-leak-01

上のスライドは、まさしく「ユニバーサル・ストア・アプリ」の作成概念についてカンタンに説明したものですが、Windwos Phone向けのアプリをWinodws UIにも対応させることが可能になると明記されています。UI毎に異なる2つのVisual Studioプロジェクトを連携させることも可能であるようです。

windows-universal-store-leak-02

もう1枚のスライドでは、約80%のUIが共通化できることを示しており、約20%がプラットフォーム向けにカスタムする必要があるとの試算がなされています。

ライバルのiOSやAndroid陣営が、スマートフォンとタブレット端末のユニバーサルアプリが製作可能であるのに対して、現時点のWindows Phone陣営はWindows RTとの統合までは及んでいません。Windows(x86)側に歩み寄った形でリリースされたWindows Phone 8とWindows RTですが、いよいよ “モバイルファースト” 戦略が始まるのでしょうか。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます