Xperia Z Ultra(SOL24)ファーストインプレッション

昨年7月に海外向けに発表され、ついに先月22日には国内向け発表が行われた「Xperia Z Ultra」ですが、さっそくau版である「SOL24」を入手しました。今回は実際に1週間使用した上で、外見を眺めながら「大画面がもたらしてくれるユーザーエクスペリエンスとは?」ということをテーマに、その特徴と魅力を御紹介させていただきます。

Xperia_Z_Ultra_Review_001

デザインとスペック

Xperia Z Ultraの最大の特徴は、6.4インチの大型ディスプレイを有すること。スマートフォンの大画面化が進む昨今ですが、その中でもより大きい、6インチ程のディスプレイを持つ端末は、タブレット(Tablet)とフォン(Phone)の間を埋めるジャンルの端末として「ファブレット(Phablet)」と呼ばれています。

発売された当時としては大きなディスプレイを持つことで話題となった「Xperia GX」と比べると、Xperia Z Ultraの圧倒的な大きさがよく分かります。長辺に至っては、10インチ「Xperia Tablet Z」の短辺を越えるほど。筆者は特別手が大きいわけではありませんが、おそらく多くの人にとって片手で扱うことが困難な本体サイズだと思われます。電話機能がついたファブレットとは言え、基本的には両手で使うことになりそうです。

Xperia_Z_Ultra_Review_002

左:Xperia GX 右:Xperia Z Ultra

Xperia_Z_Ultra_Review_003

左:Xperia Tablet Z 右:Xperia Z Ultra

基本となるデザインには、2013年以降のフラグシップ級XPERIAに共通する「オムニバランスデザイン」を採用。XPERIAが持つ世界観がうまく継承されている印象です。6.5mmという極めて薄い筐体は、前面・背面の2枚のガラスと、アルミニウムフレームよって作り上げられ、雰囲気はさながら薄く伸ばした「Xperia Z1」のよう。アルミニウム製の電源ボタンが側面に光ります。

Xperia_Z_Ultra_Review_004

基本的なハードスペックはすでに発売されているXperia Z1やXperia Z1fと同等になっているものの、メインカメラは800万画素と、タブレット端末として並みのものにとどまっています。Z1・Z1fでは、1/2.3型イメージセンサーやソニー独自の「Gレンズ」を採用するといったカメラ性能の強化が目立ちましたが、Xperia Z Ultraではその限りでは無いようです。

Xperia Z Ultra(SOL24)の詳細なスペックは以下の通り。

搭載OS Android 4.2
ディスプレイ 6.4インチ トリルミナスディスプレイ
X-Reality for mobile
解像度 フルHD(1920×1080ドット)
CPU Snapdragon 800 2.2GHz
内蔵ストレージ 32GB
RAM 2GB
外部ストレージ microSD
背面カメラ 約800万画素 Exmor RSセンサー
前面カメラ 約200万画素
バッテリー容量 3000mAh
防水・防塵 IP55, IP58対応
サイズ 179(H)×92(W)×6.5(T)mm
重量 214g
カラー ブラック、ホワイト、パープル

グローバル版から半年遅れての登場となりましたが、スペック的に出遅れている印象はなく、実際に使用する上でもパワー不足を感じることはありません。もっとも、最近の機種ではブラウジングや基本的な操作を行う際につっかかかりを感じるようなことは少なかったのですが、Xperia Z Ultraではその大画面を活かし、よりダイナミックでパワフルな体験を実感することが出来ます。

絶妙なディスプレイサイズがもたらす、絶大な効果

では、実際に使用してみた感想に移りたいと思います。

私は普段から4.6インチのXPERIAに加えて10インチのXperia Tabletを使用しており、6.4インチというXperia Z Ultraのディスプレイサイズはその中間にあたります。ブラウジングやツイッターなどのSNSの閲覧・投稿から、動画再生、電子書籍の閲覧などを実際に試してみました。

まずはブラウジング。
フルHDの解像度で6.4インチの大画面ディスプレイは、情報の視認性向上に寄与しています。等倍表示では少々文字が小さく感じることもありましたが、そこは必要に応じて拡大を行うことで解決できます。

Xperia_Z_Ultra_Review_006

一方で問題となるのは、ブラウザ固有のツールバーなどが小さく表示されてしまうこと。上のスクリーンショットは「Opera Classic」というブラウザを用いて当サイトを表示させているという状況ですが、上部に表示されているナビゲーションバーとメニューアイコンが非常に細かいことが分かります。これを実際のデバイスで操作するのは、少々難。6.4インチと大画面ながらも、操作性は落ちてしまいます。情報量の多さはさすがの一言につきますが、快適な操作にはスタイラスペンの使用といった工夫が必要かもしれません。

これはツイッター等のアプリでも同様です。しかし、アプリ側の仕様や設定によって改善されることも多くあるので、実際に手に取られた際には、しっかりと確認してみるのがオススメです。

続いてAV性能について。
Xperia Z UltraではXperia Z1と同様に「トリルミナスディスプレイ for mobile」を採用したディスプレイを搭載。フルHDによる精細さと共に、発色豊かな表現が可能になっています。発色に関しては、私が使用しているXperia Tablet Zと比較しても、非常に鮮やか。これには、従来までのXPERIAに採用されていた処理エンジンである「BRAVIA Engine for mobile」を進化させた「X-Reality for mobile」による恩恵も大きいように感じます。

実際に動画を再生させてみると、普通のスマートフォンでは実現できない圧倒的な迫力に驚かされます。スピーカーは底面右部に設置されていますが、音もなかなかのもの。10インチクラスのタブレットには劣りますが、5インチ級のスマートフォンとは比べ物にならない迫力を感じることが出来ます。トリルミナスディスプレイとX-Realityによる発色豊かな表現も大画面と相性がよく、同等のスペックを持ったXperia Z1と比較しても、映像体験をより特別なものにしてくれます。

Xperia_Z_Ultra_Review_005

最後に、電子書籍リーダーとしての使い勝手について少し触れさせていただきます。

筆者は、ソニーの電子書籍ストアである「Reader Store」より電子書籍を購入し、各端末で読書を楽しんでいますが、Xperia Z Ultraに関しては書籍のジャンルによって相性があるように感じました。もともと液晶のサイズが文庫本に近いため、文字のサイズも変更できる新書や小説については、片手に収まる本体のサイズと相まって非常に具合が良いと思います。その一方で、漫画や雑誌などについては文字や図の識別で少々苦労する場面がありました。もちろん、視力や読書スタイルについても左右されますが、読書するならやはり、10インチ級のタブレットのほうが便利かもしれません。

Ultraな魅力あふれるソニーのXPERIA

現在の主戦場は、スマホが5インチ、タブレットは7~8インチ。その中間である6.4インチというディスプレイサイズを持つXperia Z Ultraは独特の雰囲気と魅力を持つ端末であると、実際に使用してみて感じました。

全体的な印象としては、10インチのXperia Tablet Zがそのまま凝縮されたような印象を受けました。もちろんAV端末としての用途だけでなく、付属のクレードルを用いることでSNSやスケジュールの通知を行ってくれるサブディスプレイとしての使用も可能です。また、ペンを利用した入力に対応していることもXperia Z Ultraの大きな魅力であり、大画面を活かして日々のメモ等、手帳の代わりとしての可能性も期待されます。

Xperia_Z_Ultra_Review_008

 ”帯に短し襷に長し” という言葉がありますが、Xperia Z Ultraは帯としても襷としても十分な新しい体験を可能にしています。ソニーに培われたAV技術が惜しみなく投入され、単純なスペック面で飽和しつつあるAndroid端末の中で、上手く付加価値を生み出すことに成功しているのです。

タブレットともスマートフォンとも一味違うファブレットとしてのXperia Z Ultraですが、久しぶりに新鮮さとワクワクさを感じることができる端末です。気になっている方は、ぜひ一度手にとってみてはいかがでしょうか。

[au]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます